ホーム > 英文法・ライティング学習法 > ライティング学習の定番!1日5行の英語日記

これならできる!初級者のための英語日記の書き方


英語で日記を書くことは、昔からあるライティングの上達法です。毎日英文を書くことで、次第に書き方が分かってきます。

いわば数稽古のようなもので、こなせばこなすほど力になるでしょう。

やり方はいろいろありますが、ここでは、主に初心者向けに意識したい注意点、ポイント等をまとめています。

スポンサードリンク


英語日記を書く時のルール

こなす量を決めておく
1日の書く英文の量を決めておきます。当サイトでは5行ほどのライティングをおすすめしますが、「少ない・多い」というように感じるかもしれません。

大切なことは、毎日ある一定の英文を書き続けることであって、「これならできそう」と感じる分量がベストだと思います。なぜなら、続けることこそが最大の学習効果を生むからです。

毎日、10〜15行程度の英文を書く場合、確かに効果はありますが、途中で苦痛に感じるかもしれません。この場合、途中で英語日記が嫌になってしまうかもしれません。

途中で止めてしまったら元も子もないので、あくまで負担の大きすぎない量をこなします。

辞書について
適度に、辞書であやふやな点を調べてみましょう。

ここで大切なのは、正しい英文を書けたか・そうでないかをチェックすることではありません。書いた内容を確認して、より単語・文法知識を強化することにあります。

文法的に間違えようが、スペルミスをしようが、気にする必要はありません。間違えた箇所は赤ペンでチェックし、辞書で用法を確認、日記の下に例文を写しておきましょう(必要なら和訳も写します)。

こうすることで、より正確な知識を身に付けることができます

制限時間について
英語日記を書く時、「制限時間を決めて書くべき」という意見がありますが、それはどちらでもかまいません。ダラダラやりたくないのなら、30分、40分と時間をかけてライティングをしましょう。

書き方の手順
1・日付を書きます
英語の場合、日付の順番は次のようになります(アメリカ式の日付)。

月 + 日 + 年
<例>2009年7月24日金曜日:July 24, 2009 (Friday)

2・書くテーマを決めます
自分の1日の行動を書いてもよいし、感動した映画、友達との会話など、1つの事柄を集中して書いてもよいでしょう。もちろん、辞書を使ってもかまいません。

もしも「何を書いていいか分からない!」という場合、毎朝英語日記で書く内容を考えて1日を過ごしてみるとよいでしょう。

また、一度日本語の日記を書いて、それを英訳に直すという方法でもOK。

自分が書いた日記というのは、数年、数十年後読み返すと、いろいろな感動を味わうと思います。1日1つ、「これだ」という出来事を意識的に探してみるとよいでしょう。

また、どうしても「書くネタが見つからない!」という場合、リーディング教材を活用してみましょう。

例えば、読んだ英語の感想をまとめることで、ライティング・リーディング、両方の力が身に付きます。

書くネタのヒント
「英語から書けない!」という場合は日本語で書いてから英語へ。

・今日見たニュースは何でしたか?どのニュースが一番印象に残りましたか?
・今日誰と会いましたか?何を話しましたか?
・今日一日、一番長くしていた活動は何でしたか?なぜそれをしていたのですか?
・今日はどこへ行きましたか?そこで何をしましたか?何を感じましたか?
・あなたの友人はどんな人ですか?なぜ仲がよいのですか?


I got up at 6.(6時に起きました。)
I went to school at 8.(8時に学校に行きました。)
I studied at school until 3 p.m.(3時まで学校で勉強していました。)
After school, I went shopping.(学校が終わった後、買い物に行きました。)

「何を書いていいか分からない!」、「文法があやしい・・・」という場合は英作文ライティングは例文から始める方法が効率的です。

3・読んで、おかしなところを直します
一度書いたものを目で読み、声に出して読んでみましょう。もしも途中で感覚的に引っかかる部分があったら、その部分を辞書で調べ、用法を確認します。

伝える気持ちで
毎日、「私は○○した」というような内容を書いていると、ライティングが単調になるかもしれません。

そこでおすすめするのが、ある1人に向けて手紙を書くような気持ちで英語日記をつけること。

例えば、親友、家族、恋人など、あなたにとって大切な人に向けて文を書いてみましょう。

英語は言葉。言葉は人に自分の考えを伝えるもの。意識して文章を書くことで、内容の幅が広がりますよ。

若葉マーク「英文法をやり直したい!」というときに注目したい教材

関連情報
英語で考える時間を作る
検定試験とライティング

<<ライティング学習法のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク