英語を書くことは話すこと、知っておきたいライティングの意外な効能

ペンと文字

これは知っ得!

ライティングは英会話にも役に立つ!?

はじめに

英文を書くのがライティング。

一見、ライティングは英語を話すことと何の関係もないように思えますが、実はライティングを練習することで、英文を書く力が身につくだけでなく、英語を話す力も磨かれます。

「ライティング=英文を書く」というイメージがありますが、日本語を「英語でどう言うのだろう?」と考えるプロセス。

そのため、ライティングの練習をすることで、スピーキング力もアップ、結果的に英会話力アップ効果が期待できます。

「英語でどう言う?」を考える

なぜライティングに取り組むと、英会話力もアップするのか?

その理由はシンプル。

ライティングをするとき、自分が知っている英単語や文法から、文を組み立てます。

このプロセスは、スピーキングと全く同じです。覚えている単語と文法を総動員し、話す英語を考えます。

スピーキング

頭で英語の文を組み立てる→口に出して話す

ライティング

頭で英語の文を組み立てる→文字にする

話す、書くの違いはありますが、「頭の中で英文を作る」というアクションは同じです。

そして、英語を話せるようになるためには、「頭の中で英語の文を作る」というプロセスが重要になります

というのは、スムーズに英語の文を作れるほど、話すときもスムーズになるからです。

相手の英語にあわして、すぐに反応できるので、流暢なスピーカーになります。そして、頭の中でスムーズに英語の文を作る練習として、ライティングは最適です。

だからこそ、英文を書くトレーニングというのは、実は英語を話せるようになるための、大切な練習になっています。

マイペースに続けられるのがメリット

ライティングトレーニングのよいところは、自分のペースで英語の文を作る練習ができることです。

英会話のように、相手の反応にあわせてすぐにリアクションをする必要はありません。あくまでマイペースに、じっくりと英語の文章を組み立てることができます。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れるほど、スムーズに英文を生み出すことができるようになります。

基本的に、ライティングは数稽古的なものなので、初心者の方は、質より量を心がけるとよいでしょう。

「何を書いていいのか分からない!」という方は、和文英訳式ライティングから始めて、例文を暗記、ストックしていく方法がおすすめです。

基本的な文法パターンを身につけて、英単語をストックしていくことで、語彙力アップ+文法知識の獲得、一挙両得です。基礎的なライティング学習としては申し分ありません。

ある程度文法をマスターすれば、英語日記に進みます。自分が感じたこと、今日起こったこと、考えていることなどを、書いていきます。

続けられればそれでOK

英語日記を続けて効果を実感するためのポイントは継続して英語を書くこと。

1日2行程度しか書けない日もありますが、気分にあわせ、マイペースに続けていきます。そして、続けることが何より重要です。

1年~2年続けると、大きな財産になります(それに、文字にしたものは将来、読み返すことで、より一層の価値を持ちます)。

「前より英文が書けるようになった」と思ったら、あなたのスピーキングスキルも以前より上達しているかもしれません。

そうなったときはきっと、ライティングだけでなく、英会話がもっと楽しくなるはずです。

若葉マーク 英文を書く練習の前に要チェック!正しい英文を書くための英文法をこの教材でやり直し

あわせて読みたい

日本人が英語を話せない本当の理由

試験とライティング

ヒトはどうやって英語を覚えるのか?

<<ライティング学習法のコンテンツ一覧へ