【初心者向け】英語で自分の意見を言えるようになる方法

絶賛会議中

自分の考えを分かりやすく、かつ論理的に伝えること。これは、英語を話す上でとても大切なスキルです。

日常英会話を土台にして、英語で意見を交換すること。自分たちの主張を先方に分かりやすく理解してもらうこと。

自分の意見を分かりやすく伝えることによって、英語をまさに、異文化コミュニケーションの武器にすることができます。

では、そのために何をどうすればいいのか?

そこでこのページでは、初心者の方向けに、自分の意見を英語で言えるようになるためのポイントをご紹介しています。

日常英会話だけでなく、より実践的な英語のスピーキングスキルを習得したい初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

英語で自分の意見を分かりやすく伝える。

その前提となるのはまず、当たり前かもしれませんが、日常英会話のスキルです。

自分がどんな人間なのかを伝えられる基本的な英語力を始め、相手の話を正しく理解する英語力。その上で共感する英語力。

そのための基本的なフレーズを自然に使える英語力。これはすべて、日常英会話が基本になっています。

この意味で、自分の意見を英語で伝える。その基礎的な部分としてはまず、日常の英会話を不自由なくできることが大切です。

何で・どのように勉強すればいいか

そのために具体的にはどうすればいいか?

そこでおすすめなのが、次の2つの柱を中心に、英語に取り組んでいくことです。

1・英会話教材で日常英会話をマスターする。

2・ディベートを題材に、自分を主張する英語のフレーズをマスターする。

日常英会話という基礎力を柱にして、その上で、ディベートで使う基本的な表現を習得していく。

これによって、自分が意見を言う方法を無理なく段階的に身につけていくことができます。

なぜディベート英語なのか

英語で自分の意見を正しく相手に言うことができる。このスキルを身につけるために一番役立つのがディベート英語。

それはなぜなのかというと、ディベートをするためにはまず、「あなたの言っていることはこういうことですね?」と、相手の意見をしっかり理解する必要があります。

その上で、「あなたはこれについてこう言っていますが、私の意見はこうです」という、英語の理論的な話し方。説明の仕方を理解することができます。

ディベート英語を学ぶにつれて、

・I don’t think so because…(私はそうは思いません。なぜなら・・・)

・I agree with you.(私はあなたに賛成します)

・I’m not in favor of it.(私はそれに賛成できません)

・What do you think about this issue?(この問題についてどう思いますか?)

・You have me all wrong.(あなたは私を誤解しています)

といった、自分の意見、考えを伝える表現。相手の考え方を理解しようとする表現を、自然に見つけていくことができます。

基本フレーズをマスターしておく

初心者にとって大切なのは、「定番の表現」を知り、それをすぐに使えるように勉強することです。

ディベート英語で基本フレーズを覚えて「こういうときにはこの英語を使う」ということを理解する。

すなわち、

日常英会話で基本フレーズをマスター+ディベートで使う基本フレーズをマスター

これによって、自分の意見を自然に言えるようになるための基礎を身につけることができます。

当サイトでも自分の意見を言うために特に重要な基本的なフレーズを厳選して掲載しています。このページとあわせて、参考にどうぞ。

すぐに使える英会話例文集⑤【自分の考えを伝える英語フレーズ】

こうやって実践する

覚えた英語は実際に使ってこそ自分のものになります。

自分の意見を英語で伝えるためにも、それを練習するための場所が必要となってきます。

英会話スクールで覚えた英語を実践することもできますし、社会人向けの英語クラブやサークルで、ディベートクラブに参加することもできます。

独学で勉強することは大前提ですが、覚えた英語をアウトプットする機会を、積極的に作っていくことが大切です。

「自分は仕事で忙しくて、なかなかそのような場所に参加する機会が持てない」

という方は、オンライン英会話や、オンラインの英語パーソナルトレーニングを活用。

家にいながら、英語で自分の意見を言えるようになるためのトレーニングを受けることができます。

全国どこでもトレーニング!オンライン対応の英語パーソナルジム

まとめ

以上、最後にまとめです。

英語で自分の意見を言ってみる。そのために大切なのは、

1・日常英会話(基礎)

2・ディベート英語(応用)

この2つの英語力です。

日常英会話という基礎の上に、ディベート英語を学び、ここで相手の意見を理解して、自分の意見を主張するための英語を覚えていく。

これによって、自分の考えを分かりやすく、かつ論理的に伝えられるようになります。

初心者の方にとって大切なのはまず日常英会話で、自分がどんな人間なのか。今何を感じているか。何がしたいか。

そんな身近な話題をまず、スラスラ話せるようにすることが大切です。

日常英会話教材をいくつかマスターすれば、その英語力を身につけることができます。基礎から着実に、英語力を高めていくことが大切です。

若葉マーク 基礎の基礎から英会話を覚えたい初心者の方におすすめ

あわせて読みたい

大人が英会話習うならどこがオススメ?

「英会話を独学でマスターしたい」と思ったら読むページ

英会話を習いたい初心者の方へ