すぐに使える英会話例文集・英語フレーズ⑤

どや顔教師

このページでは、自分の考えを伝えるかんたんなフレーズをまとめています。相手への依頼、断りなど、会話で使うことを目的に例文をまとめています。

英語のコミュニケーションでは自分の意見、考え方を伝えるのが大事。自分の考えは、英語でストレートに伝えましょう。

知っておきたい基本表現

Please:~して下さい

相手にお願いをするときに使います。人にお願いをする場合は Please を使いましょう。

例)

Please call me. (電話して下さい)

Please let me know when you come to Japan. (日本に来たら、私に知らせてくださいね)

Please listen to me. (私の話を聞いてください)

Why don’t you ~:~はどうですか?

「~しませんか?」と相手に提案をする表現です。人を誘うときにも使えます。Why not ~を使ってもOKです。

Why don’t you ask him ? (彼に聞いてみてはどうですか?)

Why don’t you try it on ? (試着しませんか?)

Why don’t you come with me ? (僕と一緒に行きませんか?)

I can’t ~:できません

私は~できないと言いたいときに使います。基本的に、会話ではcan not を使わず、can’t と短縮して使います。

例)

I can’t stand it any longer. (もう我慢できない)

I can’t leave without you. (君を置いて行けない)

I can’t remember her name. (彼女の名前を思い出せない)

覚えておくと便利な表現

Let me:~させてください

Let me ~で「(私に)○○させてください」というニュアンスになります。相手に何かを申し出たいときに使います。

例)

Let me finish. (<話の途中で割り込まれたとき>最後まで話をさせてください)

Let me do it. (私にやらしてください)

Let me try again . (もう一度やらせてください)

I’m afraid ~:すみませんが~

相手に対して、断りを入れたいときに使います。丁寧な表現です。

例)

I’m afraid I can’t attend the class. (すみませんが、授業には出席できません)

I’m afraid I don’t agree with you. (すみませんが、あなたには賛成できません)

Don’t ~:~しないで

人に「○○するな」と伝えるときに使います。丁寧に伝えたいときは、pleaseを付けます。

例)

Don’t say such athing. (そんなことを言わないで)

Don’t be silly. (冗談言わないで<「とんでもない」など遠慮の意>)

Don’t worry. (心配しないで)

I’d like to~:~したいのですが

自分の希望を人に伝えるときに使います。want to ~よりも丁寧な表現です。

例)

I’d like to go to the Nozomi park. (のぞみ公園に行きたいのですが)

I’d like to see another one. (他のものが見たいのですが)

I’d like to have some local food. (地元の料理を食べたいのですが)

意志を表現する英語

No!を伝えるとき

I don’t think so.(そうは思いません)

No, thank you.(いいえ、結構です。)

覚えておきたいフレーズ集

会話で使うかんたんな表現です。

Take it easy. (気楽にね:じゃあね)

Same here. (私も同じ)

Way to go ! (やった!)

Now you’re talking ! (待ってました!)

You bet ! (もちろん) = Of course.

Go ahead. (やってみて)

You’re telling me. (その通り)

Hang in there ! (頑張れ!)

Not a chance. (あり得ない)

Give me a break ! (勘弁してくれよ)

注目

上達は中学英語から!日常英会話が学べる教材

次のフレーズはこちら

英語で感情を伝える

あわせて読みたい

英会話学習の基本パターン

学習フローチャート【準備】

どこから英語を勉強すればよいですか?

<<覚えておきたい英会話の例文集へ