どこがおすすめ?英語ジム徹底比較ランキング

運動前の準備運動

「今こそ、英語で目に見える結果を出したい!」

そんなときに注目したいのが英語ジム

本格的なトレーニングによってみるみる英語力アップ。頑張れば頑張るだけ、自分の見返りが大きいサービスとなっています。

とはいえ、英語ジムの費用は気軽に失敗できない高額料金。だからこそ、自己投資したお金を確実に回収できるジムに通いたいもの。

そこでこのページでは英語ジムを徹底比較。料金、サービス、特徴などをひと目で比較できるようにしました。

「本気で英語を頑張りたい。結果を出すためには、どの英語ジムがいいのか?」

という方は参考にご活用ください。

このページの評価基準

1・トレーニングのノウハウ及び効果の根拠の提示

2・トレーナーの経歴紹介など、情報の開示性

3・ネット上の口コミ

この英語ジム比較ランキングは、これら3つのポイントをもとに順位を決定しています。

ランキングはこちら

1位

ENGLISH COMPANY

公式1

英語ジムの先駆けです。

科学的に効果があるトレーニングでTOEIC数百点アップする受講者が続出。

それも、300→600などの初心者だけでなく、700→900など、英語の中上級者でもきちんと結果を出す「本物の指導」が評判に。

今では常時、300人600人以上の受講待ちが発生するほどの人気の英語ジムになっています。

受講期間は3ヶ月と短めですが、短期集中で結果を出したい方は、「英語で人生を変える90日」に挑戦することができます。

ポイント

科学的根拠に基づいた明確な英語トレーニングが受けられるのがEnglish Companyの何よりの特徴。

キーワードは時短英語。短い時間でいかに効果を出す方法を徹底追求。

その結果、学ぶ教材、スケジュール管理など、あらゆる面で、「効果が出る」ために計算し尽されたトレーニングを受けられます。

英語ジムのなかでも料金体系は明確かつ、効果の評判の面で、非常に評判が高い英語ジムです。

受講期間も90日と短期集中で頑張ることができるので、早く結果を出したい方におすすめ。

ただし、スタジオにもよりますが、常時300人以上の受講待ちが発生しています。早くその効果を実感したい方は、早めのお申込みをおすすめします。

2位

PROGRIT (プログリット)

公式2

ビジネス特化の英語ジム。

2ヶ月間でビジネス英会話かTOEIC、どちらかを集中的にトレーニング。TOEICなら目標は200スコアアップ。

他の英語ジムとは違い、コーチはあくまでアドバイス役。勉強をアドバイスしてくれるサポーター的なサービスが特徴です。

ポイント

仕事で英語を何とかする必要がある社会人専門の英語ジムなので、TOEICやビジネス英会話に特化しているトレーニングを受けることができます。

3位

トライズ

公式3

受講期間は1年間。

厳選ネイティブ講師による本格レッスンに受講生をとことんサポートする専任コンサルタントなど、英会話スクール+英語ジムの良いところを併せ持つサービスです。

ただし入会金やコンサルティング料など、初期費用だけでなく月9万円近くの受講料が必要です。

「1年以内」に本気で英語をなんとかしたい方以外は、おすすめできないサービスです。

ポイント

英語ジムだけでなく英会話スクールのような幅広いコースに対応しているのがトライズの特徴。

他の英語ジムとは違い、グループレッスンなど英語が苦手な方向けのコースにも対応しているので、選択肢は幅広いです。

ただ、1年間1000時間、1日あたり3時間英語を頑張る必要があるので、受講後はしっかり英語漬けになる必要があります。

気軽な気持ちで申し込めば後悔しますので、その点はご注意を。

4位

ライザップイングリッシュ

公式4

ダイエットで有名なライザップの英語ジム。結果にコミットすることにこだわったマンツーマンレッスンが特徴。

コースが幅広い反面、料金設定が複雑で高額。受講の際はきちんと料金について確認する必要があります。

ポイント

ダイエット業界で結果を出したライザップのノウハウを英語習得に応用しているのが特徴のジム。

スケジュール管理やモチベーション管理の面で、しっかりとしたサポートを受けられるのが特徴になっています。

5位

ALUGO

公式5

電話でコーチのレッスンを受ける非対面型の英語ジム。

電話でレッスンを受けれるので、近くにジムがなくても問題なし。非対面な分、トレーニング料も他社より安いです。

ポイント

電話でやりとりするのが特徴の英語ジム。どこでも受けられますが、レッスンの臨場感は他社のサービスより微妙かも。

英語ジムの比較はこちら
英語ジム ポイント レッスン 場所 費用
(税別)
ENGLISH COMPANY ・トレーニングは全て科学的に根拠が基づいたメソッドを採用。

・「時短英語」をキーワードに、短期間で効率的に効果を実感。

・一人の生徒を二人の講師が担当。受講期間中はとことんサポートを受けることができる。

週2回各スタジオで専任コーチとマンツーマンレッスン。

科学的に正しい方法で英語をみっちりトレーニングする。

【東京】

新宿、恵比寿、神田、品川、有楽町、四谷

【関西】

京都烏丸、大阪梅田

入会金5万円、1ヶ月トレーニング料150,000円×3ヶ月で450,000円

(金利手数料無料の分割システムあり)

PROGRIT ・週一の面談と週一の実力テストで進歩具合を常に確認。

・利用回数無制限のチャットツールで常時コーチにコンタクト可能。学習相談もいつでもOK

週一でコーチと面談。スクールに通ってレッスンはなし。 東京新橋 入会金5万円 、2ヶ月のトレーニング料金298,000円
トライズ ・厳選ネイティブ講師による本格英会話レッスン。

・受講生一人一人に専任のサポートコンサルタントがつき、様々なサポートを受けることができる。

週3回のレッスン+専任コンサルタントのサポートで年1000時間の英語学習を実現。 東京、横浜、大阪 入会金5万円+コンサルティング料14万6千円(税抜き)
+月額受講料8万5千円(税抜き)
ライザップイングリッシュ ・初心者向けから中上級者向けまで、幅広いコースに対応。

・英会話でもTOEICでも、期待する英語力を身につけることができる。

専属トレーナーとのマンツーマンレッスン。 新宿、池袋 149,000円~782,250円
(別途教材費用が必要)
ALUGO ・生徒一人一人にカスタマイズされたトレーニング

・短期集中トレーニング

・結果のフィードバック

1回5分~60分。レッスン後結果のフィードバックあり。 入会金無料、標準レッスン2ヶ月198,000円
目的別に英語ジムを決めるなら

1・対面でしっかりレッスンを受けたい!上達を実感しながら英語に取り組みたい

→ENGLISH COMPANY、トライズ、ライザップイングリッシュ

2・TOEIC、ビジネス英語特化で頑張りたい

→ENGLISH COMPANY、PROGRIT

3・近所に通える英語ジムがない

→ALUGO

最後に

以上が英語ジムの比較になります。

様々なトレーニングサービスがありますが、どのサービスも一長一短。様々なメリットとデメリットがあります。

大切なのは、今の自分にぴったりのサービスを選ぶこと。何を重視して、何を重視しないのか。その視点を持って英語ジムを選ぶことが失敗しないために大切です。

とはいえ、情報だけでは分からないことがたくさんあります。

英語ジムを検討するさいは、無料体験レッスンや説明会などに参加した上で、どこが一番良いのかを検討することが大切です。

実際に体験してみれば、どこにお金を払う価値があるのかを判断できます。英語ジムに興味がある方は、参考にしてください。

あわせて読みたい

失敗しない英語ジムの選び方

英語のプロに指導を受ける意味とメリット

<<英会話スクールのコンテンツ一覧へ