独学に効果的!英語コーチングの特徴と向いている人向いていない人

生徒とコーチ

英語のプロコーチのアドバイスを受け、効率的に英語力を伸ばすためのサポートを受けることができる。それが英語コーチングサービスです。

STRAILやプログリットなどが有名で、英語パーソナルトレーニングと比較対象になるサービスですが、どんな方に向いていて、どんな方に向いていないのか?英語パーソナルトレーニングとの違いは何か?こちらでわかりやすくまとめています。

英語に自己投資したい方は、こちらの点を押さえた上で、自分にぴったりのサービスを選ぶと良いでしょう。

英語コーチングのメリットは課題発見力!

英語コーチングのメリット。それは、英語パーソナルトレーニングよりもお得な料金で、英語のプロのアドバイスを受けつつ、英語を学ぶことができることです。

学習は独学で行いますが、学習を行うにあたってのカリキュラムやアドバイスなど、「あなたの場合はこの課題を、この方法で取り組みましょう」という効果的な方法を、英語のプロに教えてもらうことができます。

それはいわば、あなたの英語力を「最短距離」で到達するための道案内のようなものです。

独学で英語に取り組みつつ、期待した結果が得られていない方は、なぜ英語力が伸びないのか?どうすればもっと英語力を効果的に伸ばせるのか?希望する英語力を手に入れるためには具体的に何をすればいいか?

英語コーチングを受けることによって、前身を実感しやすくなるでしょう。

英語のトレーニングはなし。その分料金が安い

一方、英語コーチングは基本的に「コーチング」のサービスで、英語パーソナルトレーニングとは違い、リーディングやリスニングなどをコーチと一緒に取り組むといった、英語力を伸ばすための個別トレーニングはサービスに含まれていません。

例えば英語パーソナルトレーニングの場合、学習者の課題発見(英語力が伸びない原因や伸ばす方法を診断)した上で、取り組む課題が決まり、週1〜2回、実際にトレーナーとのトレーニングが行われます。

英語コーチングの場合、コーチと英語のトレーニングはなく、学習進捗やアドバイスなどの面談、相談が行われます。

それをもとに、受講生が独学で勉強を進めていきます。トレーニングがサービスに含まれていないため、受講料は英語パーソナルトレーニングより料金が安くなっています。

「私は独学で大丈夫です。伸びるアドバイスが欲しいだけなので、コーチとのトレーニングは不要です」という方は、英語コーチングの方がコスパは良いでしょう。

逆に、毎週英語のトレーニングをプロのコーチのもとで受けたい方は、英語コーチングでは物足りなく感じるかもしれません。

どちらかというと「中級者以上」の方向け

英語コーチングはプロのサポートを受けながら自分で学習を行います。そのため、サービスを効果的に利用するためには、

・基本的な英語の学習習慣が身についてる

・独学に抵抗がない

という必要があります。

英語コーチングサービスはプロコーチによるアドバイスのほか、専用教材(アプリ含む)の利用権など、「独学で英語を学ぶための環境」を利用することができます。自分から積極的にそれらを利用しようとする方にとってサービスを利用するメリットは大です。

一方で、英語を勉強する習慣が身についていない方や、基本的な内容に不安を感じる方の場合、英語コーチングというより英語パーソナルトレーニングを毎週受け、

・英語学習の習慣を定着させる

・基本的な英語の知識を身につける

など、英語を学ぶ土台を身につけた方が、長い目で見ればお得です。

土台(英語を学ぶ習慣や適切な学習方法、基礎知識)が身についていれば、独学で英語に取り組むことができます。

今なら、初歩から英語を学びたい方や初心者の方向けに、専門の英語トレーニングを受けることができるサービスが用意されています。

英語に取り組む効果的な方法を学び、英語を習慣化するための経験をすることは、長い人生でプライスレスのメリットがあります。

関連記事:中高6年分の英文法やり直し+英会話!『ENGLISH COMPANY初級者向けコース』の特徴と受講するメリット

効果が期待できる根拠は何か?

英語コーチングを検討する上で一点、重要なポイントがあります。それは、「何を根拠にして英語のコーチングをしているか?」という点です。

英語習得には大きく分けて次の2つの方法があります。

1・誰にでも効果が期待できる方法(研究で一定の効果が検証された方法)

2・ある特定の人にしか効果が出ない方法(個人の経験をもとにした方法)

前者が第二言語習得研究といった「学問」に基づいた英語習得方法で、後者が個人の体験談といった、「主観」や「経験」に基づく英語習得方法です。

個人の主観や経験に基づいた方法は、それに当てはまる人には、とてつもない効果が出ます。この点、「私はこうして英語を身につけました!」という経験を無碍にする必要はありません。ただし、合う人と合わない人がいます。

一方、英語コーチングは診断です。その場合、ほんとうに効果が期待できるアドバイスを提示してもらう必要があります。そこで必要なのが、「適切な根拠」です。

「診断」が間違っていれば効果なし!

英語力を効果的に伸ばす。そのためには、「正しい診断」が必要になります。

例えば、あなたが病気のとき医師の元へ行き、病気を治すための正しい診断を受けるでしょう。そこでもし、医師が自分の主観に基づいたいい加減な診断をすれば、治る病気も治すことができないでしょう。

医師は、医学の知識や研究を根拠に、診断を行います。だからこそ、その診断には一定の信頼性があるわけです。

英語も同じで、属人的(特定の個人の経験や体験に左右される)な立場ではなく、何を根拠にして英語力を伸ばすコーチングを行なっているのか?コーチングを受けて効果が期待できる理由は何なのか?しっかり確認することが大切です。

最初の診断が正しければ、診断に基づきやるべきことをやることで、効果を実感しやすくなります。

まとめ

ここまでのまとめです。

英語コーチングは独学をさらに効果的に行うためのサービスです。どうすれば効果的に英語力を伸ばすことができるか?目標の英語力を入手するためにどうすればいいか?そこへ至る「最短距離」を英語のプロに提示してもらいつつ、英語に取り組むことができます。

反面、コーチとの英語トレーニングはサービスに含まれていないので、英語の土台固めや学習習慣の育成、英語の読み方や聴き方などレッスン的な要素を希望する方は、英語パーソナルトレーニングを受けた方が、将来的にはお得でしょう。

英語コーチングはトレーニングがサービスに含まれていない分、料金がお得になっています。結論としては、独学で効率的に英語に取り組みたい方向けのサービスと言えます。

ただし、英語コーチングサービスを検討するさいは、なぜそのコーチングを受ければ効果が期待できるのか?何を根拠にしてコーチングを行なっているのか?しっかり確認しておきましょう。

大切なのが正しいアドバイスを受けることです。正しいとは効果に根拠がある、という意味です。

最後に

以上、英語コーチングについて、ポイントを絞ってご紹介しました。

大切なのは、あなたにとってどんなサービスが効果的か、ということです。英語コーチングは英語パーソナルトレーニングより料金が安いですが、向いている人と向いていない人がいます。

あなたが独学で英語を学ぶことに慣れているなら、プロによるコーチングは独学の効果をより高めるきっかけとなるかもしれません。英語コーチングに興味をお持ちの方の参考になれば幸いです。

若葉マーク ポイントは課題発見力!英語コーチングSTRAILの特徴と期待できる5つの効果