ホーム > リーディング学習法 > かんたんな長文を読みきる

「英語が読めた!」という経験が自信になる


英会話初心者向のための英文読解トレーニング。主にかんたんな英文読解法をまとめています。

かんたんな長文を読みきる
初心者の方におすすめする方法です。読みやすいものを選び、イヤにならない程度に、少しずつ英単語を暗記していく方法です。

この勉強法の目的
この方法の目的は、英単語の暗記はもちろん、1つの英文を「読みきった!」という自信を付けるためのものです。人は、何か自分でやりきる経験を持つと、自信が生まれます。

最初の1歩を踏み出すと、2歩目はかんたんです。自信を持つことで、「リーディングができる!」という意識を育てることを一番の目的にしています。

こういう方におすすめ
特に、「英語が苦手」という方におすすめします。

どんなにかんたんな英文でも1つのテキストをやりきれば、実力がつき、英単語も覚えることができます。少しずつ、テキストのレベルをアップさせ、ゆっくり勉強していきます。

準備
自分の現在のレベルより、1段かんたんな教材を選びます。例えば、TOEIC500点くらいの人なら、TOEIC400〜450くらいの簡単なものを選びます。

このとき、英単語と熟語の収録数は、少なくとも1,500語以上が望ましいです。ただし、かんたんすぎてやる気のでないものはやめましょう。

はじめよう
自分のレベルよりも簡単な教材を読むので、思ったより早くできると思います。1ページ英文を読むのに、思ったより早く読めることに気付くかもしれません。

この場合、分からない英単語の確認をパッとするだけでかまいません。長文の内容を理解し、パラグラフごとの内容が理解できればOKです。

このとき注意したいことは、まずやりきること。テキスト全部をやりきることです。「1冊丸ごと勉強した」という体験は、必ずあなたの自信になります。

自信があなたの実力を高めて、開花させていきます。大切なのは、最後までやりきること。はじめたら、ともかくやりきることをおすすめします。

関連情報
英語の返り読みを卒業する
リーディングが苦手な方に
実力が伸びるテキストの選び方

<<英語のリーディング学習法一覧へ

スポンサードリンク