英会話初心者が英語の読解力(リーディング)を伸ばすメリット

これがおすすめです

帰国子女を除いて、幅広い英会話ができる人は、必ずと言ってよいほど、リーディングが上手です。

彼らは主に中学から英語を始めた生粋の日本人スピーカー。特徴は会話の幅、話す内容が広いこと。

その理屈は単純です。

たくさんの英文の本を読むことで、様々な分野の知識、英単語が身につきます。当然、話題も豊富になりますので、話していて面白いです。

「英語が読める」本当の意味

また、英語が読めるということは、英文のルールを理解しているということを意味します。

英会話は人に伝えたいことを、頭の中で文章にして話すコミュニケーションです。相手に伝えたいことを正確に伝えるためには、英語独自のルールを理解が大切です。

この点、リーディング学習はしっかりとルールが学べる素晴らしい勉強法です。

なぜなら、リーディングというのは、単語力、文法力、理解力がないと、正確な読解ができないからです。

リーディング(読むこと)もスピーキング(話すこと)も本質的には同じことです。つまり、人に自分の考えを伝える、コミュニケーションです。

ポイント

・リーディング=読むコミュニケーション

・スピーキング=話すコミュニケーション

・英会話ができる=英語のストック(言葉、理解力)がたくさんある

言葉と文字、方法は違いますが、どちらも立派なコミュニケーションです。

コミュニケーションを成立させるには、ルールを理解する必要があります。そのためには、基礎的な学習が大切です。

リーディングをしっかり勉強することで、英単語力、文法力、理解力がつくので、結果的に英語を話す上で、大切な基礎を作ることができるのです。

リーディングは単語を覚えやすい

英会話初心者の方にとって、「リーディングが難しい」・「めんどくさい」というイメージがあるかもしれません。

確かに分からない英単語がたくさんあると、読む気がなくなる気がします。ではリーディングを次のように考えたらどうでしょうか?

リーディング=英単語を覚えるための教材

本来、英語の長文は、単語を覚えるにはとても効果的な教材です。

長文で英単語を覚えるということは、一見とてもめんどくさく思えますが、実はかなり効率のよい学習法です。

基本的に長文はある1つのストーリーです。

ある1つのテーマについて書かれています。当然、大切な単語は何回も登場するので、自然に暗記することができます(詳細は例文を覚える前にを参照)。

また、長文で単語を暗記する場合、文脈の中で英単語の意味・使い方を理解できるので、本当の意味で力がつきます。

実力で読む必要はありません。

リーディングは単語・構文を暗記するためのものです。分からない単語は調べて、必要に応じて暗記すればよいだけです。

このような基礎リーディング力がついてくれば、自然に辞書で意味を調べる回数が減って、英文を読むスピードが自然にアップします。

こうして、気がついたときには、かなりの英語力が身についていることに驚くはずです。

このレベルに達したとき、後は話す訓練をして、スピーキングを実践することで、英会話が上達していきます。

自然な英語脳も身についていきます。

慣れることで実力はグングン伸びる!

リーディングの勉強をする前に、ぜひとも知っておいて欲しいことがあります。

それは、

勉強を始めたときが一番大変

ということ。

最初は、知っている英単語の数も少ないですし、英語を読むことに違和感を感じるでしょう。

英文を1つ理解しようとするだけでも、結構労力が必要かもしれません(管理人もそうでした)。

でも不思議なことに、コツコツリーディングを繰り返していくと、自然に読むスピードは上がり、しかも理解力もアップしていきます。

そのうち、読解に1時間かかった長文が、10分くらいでサクサク読めるようになります。

つまり、リーディングは慣れれば慣れるほど上達するのです。いろんな英文を繰り返し読むうちに、必要な重要単語も自然と暗記できます。

いろんな分野の言葉も身につき、どんどんプラスの循環に入っていきます。

最初、あまりに難しくて「リーディング嫌い」に陥りがちですが、リーディングは慣れるほど実は、どんどん楽勝になります。

TOEICのテストでも「どの文章が大切なのか?」がすぐに分かるようになります。

つまりリーディングは読めば読むほど上達する。そしてそこから得られるメリットはとてつもなく大きいです。

コスパはまさに、最強です。

大切なのは慣れ

ただし、リーディングのメリットを実感するまでには、忍耐と努力が必要です。最初はまさしく苦行になるかもしれません。

単語を調べ、調べの繰り返しになるので、ここで嫌になるかもしれません。

これは仕方がないプロセスで、英語を読むことに慣れるまでは諦めずに頑張ることがポイントです。

地味に続けていると、そのうち必ず出来るようになります。単語も自然に覚えて、劇的にリーディングが上達する瞬間がきます。

しかも、マスターした長文は、かっこうの音読の素材になりますので、英会話上達も期待できます。

英語がスラスラ読める。それだけでなく、英会話で話せる話題も増えていく。努力をする見返りは、十分すぎるほどあります。

だからこそ、「英語を話したい!」という方は、ぜひリーディングの勉強を取り入れて下さい。

その努力はきっと、無駄にならないはずです。

若葉マーク 「英文をサクサク読めるようになりたい!」と思ったら注目したい英会話教材

あわせて読みたい

小6でTOEIC980!天才少女の英語勉強法とは

リーディングが苦手な方に

実力が伸びるテキストの選び方

<<英語のリーディング学習法一覧へ