英語の学習計画は時間で決めない – 大切なのは質&量

勉強ノート

英語力アップのためには、日々の継続的な学習と、粘り強い努力が必要不可欠。

三日坊主で終わらせず、コツコツ英語に取り組むことが大切ですが、そこで重要になるのが毎日のスケジュール管理。

ポイントは「何」を「どれくらい」やるか

通常、学習計画を立てるとき、大切なのが何をどれだけ勉強するのか、つまり毎日のノルマです。

ノルマで学習計画を立てる理由は、勉強時間で質を測ることが難しいからです。「1日3時間勉強するぞ!」と時間単位で学習計画を練っても、あまりに漠然としています。

「何を勉強するのか」がはっきりしていないので、ついつい集中力が途切れてしまったりして、せっかくの学習が非効率的になりがちです。いわゆるダラダラした学習になってしまいます。

例えば、いくら1日3時間勉強しようが、こなした量がテキスト5ページほどだったとしら、あまり効果は出ないでしょう。

逆に、1日わずか1時間の学習でも、1時間でこなした量がテキスト10ページ+問題集数ページをこなしたなら、この1時間の勉強時間は、かなり質の高いものと言えます。

5時間の学習

・テキスト5ページ→質の低い学習時間

1時間の学習

・テキスト10ページ+問題集数ページ→質の高い学習時間

このように、勉強時間の質はこなした内容で大きく変わるのです。

ダラダラ学習を続けるよりは、サッとノルマをこなして、後の時間は自由に好きなことを楽しむ方が、精神的に健康的です。

よい学習計画

・○○文法問題集を1日3ページ

・××単語集を1日5個、暗記する

・△△リスニングCDを1トラック聞く&シャドウイングする

勉強する内容を具体的に決めて、集中して取り組むのがポイントです。

ポイント

1日の勉強する具体的な内容を決める

できる限り短時間でこなせるよう、集中してやる

集中して取り組むことで、だんだんと勉強のスピードが上がり、効率がアップ。時間の使い方も上手くなる

ノルマを決めれば学習の質が高まる

3時間机に座ってダラダラ勉強するよりは、「テキスト5ページ、文法問題を2ページ解く」というように、ノルマをはっきりさせる方が、集中して学習に取り組むことができます。

そこで、学習する英語教材を決めて、1日「これだけはやる!」というノルマを自分で決めておきます

制限時間を決める必要はありません。集中してノルマをこなせば、速く進みますし、自分の成長も後々はっきり結果が出てきます。

例えば、最初に1時間かかったノルマが、毎日こなすうちに30分で済むようになるという感じです。速くノルマをこなせれば、それだけ自由時間も増えます。

ダラダラ学習しても、次第にモチベーションが下がってきます。それよりは、「これだけは必ず勉強する!」という量をノルマを決め、コツコツ取り組んでいくことが大切です。

ちなみに、私の場合は、

・テキスト5ページを音読

・原書5ページリーディング

など、【最低限】やるべきことを決め、どんなに忙しくても、欠かさず続けています。英語のほかにしたいことがあるときは、集中してサクッとこなします。

毎日やることがはっきりしていれば、ダラダラ勉強することもありません。やるべきことを決め、それをこなしていくことは、時間管理の上でも効果的です。

ノルマを決めるときの注意点

一番理想的なノルマは、少し頑張ればできそうな分量を設定すること。あまりにきついノルマだと、途中で嫌気が差してくるかもしれません。

「忙しくて自分の時間がほとんどない!」という方なら、テキスト2ページでもよいのです。ポイントは、

1・続けられる分量(継続こそが最大の効果を生みます)

2・少し頑張ればできる分量(自分の器を広げます)

を設定すること。この上で、週単位で学習を継続します。また、どうしてもノルマをこなせない時もあるかもしれません。

こなせなかったノルマは、「まぁいいや」では済まさず、他の日にこなします。「やるべきことは集中してやる」という気持ちで、英語に取り組むことが大切です。

あわせて読みたい

攻めの学習・守りの学習

ブレイクポイントは突然やってくる

学習を改善する自己分析スキル

<<英語&英会話の学習法一覧へ