第二言語習得(SLA)の意味を解説。英語には正しい習得方法がある?

理論イメージ

今、英語の正しい習得法に基づき短期間で結果を出すことができる、科学的な英語習得法が注目されています。

その理論的根拠となるのが第二言語習得(SLA、Second Language Acquisition)。

このページでは、第二言語習得とは一体どのような理論なのか。分かりやすくお伝えします。

SLAを知れば英語を習得するには正しい方法があることを、実感できるかもしれません。

はじめに

第二言語習得は、人が母語以外の言語をどのように身につけるのかを、学術的に研究している学問です。

たとえば、私たち日本人の母語は日本語で、英語は母語ではない言語になります。

第二言語習得では、母語以外の言語をどうしたら効果的に習得できるのかを研究。

その結果、「こうすれば第二言語を身につけることができる」という、普遍的な言語習得法が明らかになりつつあります。

それは、個人の能力や経験則に基づかない普遍的な言語習得方法があることを意味しています。

英語と第二言語習得理論

私たち日本人にとってSLAの理論が一番役に立つのが英語。

今では、SLAの理論を積極的に活用し、3ヶ月でTOEIC200点アップなど、目覚ましい成果を出しているサービスが登場。

TOEIC200点アップは当たり前?英語パーソナルジムに注目する5つの理由

英語が苦手な人でも、正しい理論、正しい方法で取り組めば、短期間でも英語で結果を出すことができることが明らかになっています。

この意味で、英語を習得するために大切なのは根性論ではなく、科学的方法。

「どうすれば」効果的に英語を身につけることができるか。それを知ることが、最短最速の英語習得法になります。

大切なのは結果の再現性

第二言語習得の大切なポイントは、言語を習得するメカニズムそのものを理解できることです。

すなわち、その対象は英語だけでなく、他の言語習得にも応用ができる、ということを意味します。

英語のほか、ドイツ語、フランス語、中国語、あらゆる言語を習得する場合においても、第二言語習得理論が効果を発揮します。

「こうすれば第二言語を身につけることができる」という普遍的な言語習得法を理解していれば、結局言語は違えど、やるべきことは同じだからです。

必要なのは課題に応じたトレーニング

英語を効果的に身につけていくために大切なのは原則からハズレないこと。

根性論や努力論で、がむしゃらに頑張り、英語を習得することは、それはそれで、価値があることかもしれません。

ただ、効率的に結果を出したいなら、「こうすればこうなる」という理論に則って、英語を頑張るほうが結果が出やすいのも確かです。

第二言語習得において、英語は特に研究の対象となっており、その理論も実践レベルで取り組むことができるようになっています。

英語もスポーツと同じで、今自分に必要な課題を適切な方法でクリアしていくことで、結果を出すことができます。

まとめ

最後にまとめです。

第二言語習得とは、母語以外の言語を習得するための科学的方法を研究している学問です。

この研究によって、個人の能力や経験関係なく、言語を習得するための普遍的な方法があることが、明らかになりつつあります。

英語を母語としない私たち日本人にとって、英語を効果的に習得するために、第二言語習得の理論は特に価値が高い内容になっています。

第二言語習得に基づいた英語学習法を実践。最短最速、効果的に英語で結果を出すことができます。

英語を身につけるための科学的方法に興味がある方は、こちらでそのトレーニングを受けることができます。

無料体験も可能なので、第二言語習得理論がどのようなものなのか。効率的に英語を身につけるためには何をどうすればいいのか。

価値ある体験ができるでしょう。

ENGLISH COMPANYを体験した私が伝えたい7つのこと