英会話スクールの講師は相性のよい人を選ぼう

上を指す男

昔あった話です。

仕事でネイティブの人と話す機会がありました。仕事を一緒にする予定の方なのですが、初対面で、こちらから挨拶に行き、「How do you do?」と声をかけました。

名前を名乗り、簡単な自己紹介をしたのですが、何かヘンです。

私はきちんと自己紹介したので、「Hello, I’m ~.」と相手も名前を名乗ってくれることを期待していました。

でも、相手は「Okay.」とだけ。「こりゃ話しづらい人だなぁ・・・」というのが正直なところ。体も緊張していました。

会話はかみ合わないし、まずい空気が流れていたので、「I just wanted to say hallo.」とだけ伝え、その場は退散。

こんな経験は初めてだったので、とても戸惑いました。

英会話上達のために先生との相性は重要!

あたりまえですが、ネイティブも人。ネイティブでも話しやすい人とそうでない人がいます

いわゆる、相性の問題です。英会話レッスンは対人サービスなので、どうしても人と人との相性に左右されます。「話しやすい人と、話しにくい人」の問題です。

ある人には気軽に話せるのに、ある人とはどうも話しにくい。こんな経験、ないでしょうか。理由は分かりませんが、「相性」は確実にあります。

私の経験ですが、昔、スコットランド人の方と一緒に仕事をさせていただいたときのことです。

彼はとても気さくで、「昨日の休みは○○に行ったよ~」と気軽に話してくる人だったので、サクサク会話が弾みました。なので、英語も気楽に話せました。

私の場合、ある程度ガンガン話しかけてくれる人、自分の話をバンバン言ってくる人だと気軽に英語で話せます。

でも、こちらの反応をうかがうように、じっと黙っている人はニガテです(日本人でもだまっている人、無反応の人はニガテです)。

相手が黙っていると、「何か話さなければ・・・」と無言のプレッシャーを受けているようで、焦ってきます。

すると、頭がパニックになって、ますます言葉が出てこない悪循環にハマってしまいます。

なので、適度に話してくれる人なら、あまり緊張せずに会話ができます。私が英会話の講師を選ぶなら、自分との相性を意識して、講師を選びます

やっぱり、話をしやすい人がいい!

英語は話してこそ身につくもの。話しにくい相手では、上達は期待できないでしょう。

プロ講師の多い英会話スクールで、生徒相手に仏頂面するような講師は今時いないでしょうが、「この先生は何となく話にくいな・・・」という場合、相性の問題があるのかもしれません。

「英会話の先生をお願いして、レッスンを始めた。でも、何かシックリこない。空気が凍ってしまう。」

こんな場合は、一度、その講師と、あなたとの相性を、じっくり考えてみるとよいかもしれません。

ポイント

・英会話レッスンはヒューマンサービス。相性の問題はバカにできない。

あわせて読みたい

無料の英会話体験レッスンを試してみる

<<英会話スクールのコンテンツ一覧へ