英会話スクール超入門

考える女性

英会話スクールの場合、日本人の先生が中心のものと、ネイティブスピーカー中心のもの、2つのタイプのスタイルがあります。

このページでは、それぞれのメリット・デメリットなどをまとめています。英会話スクールに興味をお持ちの方は、参考にしてみてください。

ネイティブの先生の場合

まず、大前提として、ネイティブ=優れた英語教師とは限らないことを知っておくことが大切です。

なぜネイティブ講師=優れた英語教師になるとは限らないのか?その原因の1つが、英会話スクールのネイティブ採用基準です。

英会話スクールのなかには、ネイティブ講師採用にあたり、厳しい条件で講師採用を決めている本格的なスクールがあります。

一方で、なかにはお金儲け主義、「英語のネイティブ」というだけで採用しているスクールも少なくありません。

日本人に滞在しているネイティブスピーカーの場合、大学で教育や英語を専門にしている優れた講師がいるのも確かです。

一方、「英語教育」を専門していない、「英語の母国話者」というだけで採用されている講師もいます。

つまり、母語として英語を話せますが、人に教えるプロであるケースは少ないネイティブ講師が多いのが現状です。

これは、中学・高校の国語教育を想像すれば、理解しやすいかもしれません。

日本語を扱う国語の先生でも、分かりやすい先生とそうじゃない先生がいますよね。ネイティブの先生もそれは同じです。

英語を話せること=教えることができる、とイコールにならない点が難しいところです。

語彙力、使う話法など、しっかりした教育を受けていない講師の場合、あまり大きな効果は期待できないかもしれません。

中には素人レベルどころか、「日本滞在のためだけに英会話講師をしている」など、問題のあるケースもあります。

(このタイプの講師は、ひどい場合になると女性生徒との関係で問題を起こしてクビになったりします。)

万が一、そういう講師のレッスンを受けることになると、英語の上達に全く役に立たず、お金と時間が完全にムダになってしまいます。

失敗しないポイントはネイティブ講師を絶対視しないこと

英会話を習う、英語のレッスンを受ける。

そういうとき、私たちはつい「ネイティブの先生に習う方がいいかな?」と思ってしまいますが、ネイティブ講師と一口に言っても、そのレベルは本当に様々です。

全般的に、やる気がないネイティブ講師は英会話の指導に対して情熱ゼロ。

ひどい例だとガムを噛みながらレッスンするような、講師として働く以前の問題ある人間がいるのが英会話業界の現実です。

なので、この点はスクール入学前に、講師の質についてしっかり確認したいところ。

力がある方(自分の勉強法を持っている方)で、「英語特有のリズムややり取りをしたい!」という場合は、日本人の先生よりは、ネイティブスピーカーの先生がよいかもしれません。

というのは、ある程度英語の経験がある方の場合、ネイティブの教え方が上手い・下手が分かるからです。中には指導力のある人、ない人がいます。

そういうことは、英語学習歴が長ければ、その先生の使う言葉、話し方である程度見分けが付きます(「生徒に発する言葉に、教育的な意味があるのか」で分かります)。

英会話の初心者の方で、発音重視のレッスンを希望するだけなら、ネイティブスピーカーの先生を選びます。

発音やニュアンスを真似ていくことになるので、真剣にネイティブの先生の英会話レッスンを受けることで、アクセントはかなり上達が期待できます

また、実際のネイティブスピーカーと会話して学べることも多々あるはず。英語独自の間の取り方、感情の表現、ニュアンスなどは日本人同士の英会話では気が付かないことです。

ネイティブスピーカーと会話するという体験に価値を置く場合、日本人の先生ではなくネイティブの先生を選ぶことで、日常の学習では気付かないことに目が開くかもしれません。

ネイティブ講師のチェックポイント

・指導経験が豊富か?

・英語教育に対する訓練を受けているか?

・修士、博士課程取得など専門的な教育(高い英語力)があるか?

日本人の先生にはこんなメリット&デメリットがあります

日本人で英会話講師をされている先生の場合、たいていの方が留学経験者です。

私の高校時代の同級生が、3年間アメリカに留学し、帰国後、英会話スクールの講師をしています。

彼はもともと初心者でしたが、留学して経験を積むことで、英語がペラペラになっています。

このように、日本人講師の場合、ゼロから英語を話せるようになるプロセスを、自分で経験しているだけに、学習者の悩みが分かる、思いやりのある方が多いと思います。

また、日本人の先生の場合、英語を教えることに対する専門的な教育を受けているケースが多いです。

そのため、英会話スクールのサイトを見ていると、教育の質・講師のレベルの高さをアピールしているケースがよくあります。

「学習者がどこで詰まっているのか?」

「勉強方法に誤りはないのか?」

など、学習上の悩みに対し、指導的な面で効果的な学習が期待できます

これは日本人の先生独自のメリットです。この辺の細かい指導は、日本人ならではでしょうか。

それに、日本人の先生なら、「英語でこれどう言うの?」というような質問がしやすくなります。例えば、次のような具合です。

生徒

「海外旅行に行ったとき、地元の人におすすめのレストランの情報を教えてもらいたいんですが、英語で何と言えばいいですか?」

先生

「そういう時は、ホテルの人に、Can you recommend a good restaurant near here ? と言えばいいですよ。Can you ~ はしてもらえませんか?というニュアンスです。recommend は何かをオススメする、という意味です。」

このような感じで、「これ英語でどう言うの?」に加えて、文法の説明もしてもらえるケースがあります。

文法的な問題の説明では、やはり同じ日本人の説明が一番よく分かります。発音やイントネーションなどでは、ネイティブにかなわないかもしれませんが、分かりやすさは一番です。

日本人がネイティブスピーカーと同じ方法で英語が身に付くとは限りません。もしも専門的・長期的なレッスンを受けたいのなら、英語教育の訓練を受けた日本人の先生がよいかもしれません。

チェックポイント

・留学経験(短期ではなく長期、海外の大学卒業資格保有者があれば文句なし)

・教育に関する訓練と経験

このページのまとめ

ネイティブの先生、日本人の先生の両方のケースをご紹介しましたが、一番よいのは、あなたが目標とする英語力にあわせた指導をして下さる先生です。

あなたが求めるのは、発音や流暢さかもしれませんし、自分の頭で考えた英語を話せるスキルかもしれません。

ネイティブの先生にしろ、日本人の先生にしろ、学習者の段階によって提供できるノウハウも異なります。

英会話スクールを検討される場合、一度どのような英語力を必要としているのかを、じっくりチェックされることをおすすめします。

最後に

以上が、ネイティブ講師と日本人講師、それぞれのメリット&デメリットになります。

個人的な考えとしては、英語が苦手な方、全くの初心者の方は、海外経験豊富で英語教育に情熱を持つ日本人講師の先生の方が、適切&効果的なレッスンが期待できると思います。

そこで経験を積めば、ネイティブの先生のレッスンを受けたとき、「この先生はやる気がなくてダメだな」「この先生は教え方が上手だな、やる気があるな」ということが判断できるようになります。

そうなってくると、自分に向いているレッスンのレベル、難易度も分かるようになるので、より効果的に英会話レッスンを選択することができるようになります。

英会話スクールに通うのはお金に時間、いろんなものを投資する必要があります。その投資をムダにしないために、あなたにぴったりの先生を見つけてくださいね。

若葉マーク英語が苦手でも安心!ゼロから始められる安心の英会話スクール

あわせて読みたい

無料の英会話体験レッスンを試してみる

ネイティブのような発音を身につけたい

<<英会話スクールのコンテンツ一覧へ