英会話スクールの実力は「ネイティブ講師の採用姿勢」から見える話

講師に必要なもの

「英語を話せるようになりたい!英会話スクールに通ってみようかな?」

という方のためのページです。

英会話スクールに関しては、正直なところ、「質」の面で、かなり当たり外れがあります。

もしあなたが気になる英会話スクールがあったとしたら、次の点を参考にして体験レッスンを受講し、お金を払って通うかどうか、検討することをおすすめします。

英会話スクールの「質」はここに出る!

まず単刀直入に言って、英会話スクールの良し悪しが明確に出るのは、ネイティブ講師の採用のスタンスです。

つまり、「そのネイティブが日本人に英語を教える能力があるのかどうか?」という問題です。

当たり前ですが、英語が話せるからといって、英語を教える能力があるとは限りません。

それは、日本人が日本語を話せるからといって、誰にでも日本語を教えられるわけではありませんよね。それと同じことです。

なぜなら、言語を覚えるにはルールがあります。そして、そのためのメソッドや段階があります。どうやって人が外国語を覚えるのか。その知識があるかないかで、レッスンの質は全く違います。

実際のところ、「母語が英語だから」という理由だけでネイティブを雇っているところもあります。英語圏出身のネイティブ=良い英語教師と錯覚すると、あなたはお金を無駄にするでしょう。

先生の質はこんなところに

例えばとある英会話スクールに在籍する経験豊富なネイティブの英語講師。

その講師は母国で教育学の学位を持っており、日本に来日後、NO◯Aや個人の英会話スクール、大学など、いろんなところで英語を指導してきた実績があります。

そこでの指導力と経験が認められ、今や大学で日本人を海外の大学へ送り出す部署の正教員になっています。

知識と経験を持つネイティブ講師のレッスンはムダがありません。発話、参加メンバーの会話の生み出し方まで、しっかり考えてレッスンが行われます。

そのため、英語があまり得意でない参加者でも、自然に英語を話すようになり、「この先生のクラスはいい!」と評判に。たくさんの生徒が、その先生のレッスンを選択します。

一方、別のネイティブ講師。

日本語はまったく話せず。大学を出て学位を取っているわけでもなく、英語のネイティブというだけで採用。そのため、レッスンも、無目的にダラダラ質問が続くだけ。

典型的な腰掛けで責任感ゼロ。2ヶ月と経たずに「別の国へ行く」ために退職。その英会話スクールでは、先生の入れ替わりが激しく、1年以内に多くのネイティブ講師の採用→退職を繰り返しています。

本当に通う価値がある英会話スクール

これは一例ですが、このような話は珍しくありません。

あなたはお金を払って英語を習います。そこで、ネイティブといえど、いい加減な先生に英語を習いたいですか?

「ネイティブが指導する本格派英会話スクール!」とうたっていても、実のところ、こういう話は案外身近です。

ここから見えることはシンプルです。

レッスンを受けるなら講師。ネイティブ講師採用のスタンスを見れば、そこが本当に信頼できるところなのか。生徒の英語力上達に本気でコミットしているかどうか。その真実が見えてきます。

つまり、ただの「英会話ごっこ」をする英会話スクールなのか。本気で生徒の英語力アップを考えてレッスンを考えている英会話スクールなのか。

それを見分けるポイントが、ネイティブ講師の採用基準になるのです。

ネイティブ講師は最強じゃない

英語を学ぶ。

そのためにはネイティブ講師のレッスンを受けるのが良いイメージがありますが、必ずしもそうとは言えません。

なぜなら、ネイティブ講師でもその質は様々。大学を卒業して、基本的な教養、常識があるネイティブなら良いのですが、なかには、英語ができるネイティブだからという理由で採用されている場合もあります。

例えば、完全に無責任なバイト感覚。英語を教えることに熱意を持っているのではなく、日本にいる間の腰掛けのバイトで働いている人もいます。

ひどい場合だと、日本語が全く出来ない、つまり日本人への理解を持たない人が英語の講師をしているケースもあります。

さらに現実的な話をすると、日本人の女生徒をナンパする目的で講師をしているネイティブもいます。

果たしてそれで本当に良い英語のレッスンができるのか。お金を払ってまでレッスンを受ける価値があるのか。考えるまでもまでもありません。

そのため、「ネイティブ講師のレッスン!」というだけで、本当にそのレッスンを受ける価値があるのか、判断はできないのです。

こんな英会話スクールはヤバイ?

ネイティブでも知識、教養、そして人間性。それは本当に様々。

だからこそ私たちは、

「ネイティブ講師の本格英会話!」

だとかの宣伝文句をうのみにせず、本当にお金を払う価値があるレッスンが受けられるのか、真剣に考える必要があります。

そのために注目したいのは、一にも二にも講師。

英語を教えることにコミットしている講師なのか。それとも、ただお金のため、バイト感覚で気軽に、テキトーに働いているのか。その差は、限りなく大きいのです。

では、実際、どんなところがヤバイのか。まずはじめに、講師がコロコロ変わるような個人スクールは心配です。数ヶ月レッスンを受けていたら、突然講師が変わった。こんなケースです。

そして問題は次。新しいネイティブ講師が、どのような基準で採用されたのか、ということ。

ここで、日本に短期滞在のために来ているバイト的な姿勢が強いネイティブ講師なら要注意。「ただ英語のネイティブだから」という理由で採用されている可能性が高いです。

日本人講師に英語を習う強み

ただネイティブだから採用している。

それはつまり、生徒の英語力アップのために本当に吟味された講師ではないということを意味します。

このような講師に英語を教わるならむしろ、

・日本人。真剣に英語を勉強してきて、海外留学の経験あり。

・発音はそれほど上手ではないけど、英語の学力が高く、TOEICでも高得点を叩き出している。

こういう日本人講師に英語を教えてもらうほうが、効果の確実性は高いです。

つまり大切なのは、ネイティブ講師だからといって、良い英語のレッスンが受けられると考えないことです。

こんな英会話スクールは安心

逆に言うと、

・ネイティブ講師採用の件に関して「厳格な基準」を持っている。

・実際に採用されているネイティブがきちんと学歴がある。安心なのは、言語系、教育系の学位を持っていること。言語習得に関する知識を持っていること。

言語習得に関する正確な知識を持っているので、英語を教えることに関して、責任感を持って取り組んでくれる可能性が高い。

この2つの質問に明確に答えてくれる個人の英会話スクールは当たりです。

「日本人が英語を習うのに、ネイティブであれば誰でもいい」

と考えていない明確な証拠なので、信頼できます。

ただ、実際のところ、数はとても少ないです。このため、講師の質という面では、採用時の足切りと研修を受けている大手の英会話スクールの方が安心感はあるかもしれません。

最後に

もしあなたが、とある英会話スクールに興味を持ち、そこでのレッスンを検討しているなら、スクールに見学もしくは体験レッスンに行った際、この質問をしてみてください。

「ネイティブの先生をどのような基準で採用していますか?」

この一言で十分です。

ここで具体的な基準や、更にいうと講師の指導歴などをハッキリと示してくれるところは安心です。そこをきちんと答えてもらえないところは、もしかしたら、安心して通うのが難しいかもしれません。

英会話スクールを探すときのポイントとしては、ホームページに講師の採用基準について説明があり、実際の講師のプロフィールがチェックできるかどうかを確認します。ここで、講師の経歴や経験を確認しておきます。

英語を習うなら、先生の力は本当に大きいです。そして、英会話スクールのレッスン料は、そう安くはありません。

英語をただ話すだけであるなら、別の英会話スクールでなくても、英会話カフェなど、もっとお得な方法もあります。

英会話スクールに通うことは、英語を教わるということ。となれば、ネイティブ講師の質は、最も重要なポイント。ぜひ、あなたが安心して納得できる、英会話スクールを選んでください。

参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

【英会話比較】日本人講師VSネイティブ講師