これが英語の効率的学習法。『最速最短!英語学習マップ』のレビュー

本の画像

英語を話せるようになりたい。TOEICで○○○点を取得したい。

そこで問題になるのが、「どうやって?」という方法論。

英語学習に関するノウハウや考え方はたくさんありますが、一体何が本当なのか?どうすれば最短で効率的に結果を出せるのか?

そこで読む価値がある本がこちら。StudyHacker ENGLISH COMPANY著『最速最短!英語学習マップ』(セブン&アイ出版)です。

本書の内容

この本は、600人以上がトレーニング待ちしている人気英語パーソナルジム、ENGLISH COMPANYが、日本人にとっての正しい英語習得法について、分かりやすく説明している本です。

英語習得にはきちんとした理論があり、その理論に基づいてトレーニングすることが結果を出すための最短効率の王道。

正しい英語学習法を知りたい方を始め、ENGLISH COMPANYの英語パーソナルトレーニングに興味をお持ちの方は、一読する価値がある内容が満載です。

ENGLISH COMPANYの詳細&体験談はこちら

英語成功のキーワード

本書のキーワードはズバリ「科学的」「効率」の2つ。

日本人が科学的に根拠のある正しい英語習得方法を実践することによって、効率的(=最短で)に結果を出すことができる。

これがENGLISH COMPANYの特徴であり、その根拠となるのが、本書で述べられているSLA(第二言語習得)という学問です。

きちんと結果を出す。

そのために、SLAに基づいた科学的なアプローチによって英語を勉強する。それによって効率的に結果を出すことができる。

これが本書の特徴で、独学で今すぐ参考になる話がたくさんあります。

大切なのはインプット

英語を母語としない日本人にとって大切なのは1にも2にもインプット。

すなわち、英語の知識を覚えること。読む&聞くを徹底すること。このインプットが不十分だと、英会話などのアウトプットは効果なし。

まず必要な知識をしっかり自分のなかに取り組むことによって、最終的には効率的なアウトプットができる。

これが本書で注目したい考え方になります。

現状、日本で生活をしている限り、インプットが不十分なため、効率的な成長は不可能。

そこで、ジムに行き筋トレへGo。筋肉に負担をかけて成長を促すのと同じように、大量のインプットによって負荷をかけ、最短で結果を出す。

それが英語パーソナルトレーニングで結果を出せる大きな理由で、インプットに関する考え方は、とても勉強になります。

情報力が結果の差!

そのほか、正しい取り組みで英語に取り組むこと。そして、自分がつまづいている問題を明らかにし、それを解決していくための適切な手順で勉強を続けていくこと。

英語習得に関する話は分かりやすく、納得できる話が満載です。特に、英語を始めて失敗してしまう理由など、初心者の方が知っておきたい話も満載。

何をすれば失敗して、何をすれば成功するのか。たったそれだけのことでも、その情報には高い価値があります。

知っているか知っていないか。それだけのことですが、「効率」の面では大きな差になります。

感想など

ということで、個人的には1度読んだあと、3回読み返して、内容を整理。改めて、自分の英語への取り組み方について反省する機会になりました。

個人的に、ENGLISH COMPANYのコンサルティングサービスであるTHE CONSULTANTを利用。

今の勉強の仕方に何が問題があるのか。結果を出すために何を変えていく必要があるのか。

アドバイスをもらったあとのことだったので、より効果的に結果を出すために、より良い方法で英語に取り組むことの大切さを実感しています。

この意味で、本書は英語習得に関する疑問。効率的に結果を出すために知って損がない話が満載です。

そろそろ英語をなんとかしたい。効率的に結果を出して英語力アップを実感したい。ENGLISH COMPANYの英語パーソナルトレーニングが気になっている。

そんなときは『最速最短!英語学習マップ』を一読すると、あなたの疑問が解決するかも。

ぜひ参考にしてみてください。

本はこちら

若葉マーク どこがおすすめ?英語パーソナルジム徹底比較ランキング

あわせて読みたい

ENGLISH COMPANY THE CONSULTANTを体験して実感できた5つのこと

TOEIC200点アップは当たり前?英語パーソナルジムに注目する5つの理由

英語パーソナルトレーニングが向いてる人向いていない人