英会話の幅をもっと深める英語の例文集【質問&答え方】

インタビューで饒舌にしゃべる男

コミュニケーションをスムーズにするカギは、相手の話を引き出す質問です。

適切な質問を、適切なタイミングで投げかけることで、英会話は驚くほど楽しく、豊かになります。

そこでこのページでは、英会話をもっと広げるフレーズをご紹介。会話を弾ませるために知っておきたい英会話フレーズを掲載しています。

初心者の方はぜひ、英語を話すときの参考にしてみてください。

英会話をもっと楽しむ質問フレーズ

相手の話を広げる質問

I’d like to ask you about・・・ . (~について伺います。)

初対面の人、特に親しくない人には無難な質問法。学生同士や年齢が近い人なら、「I have a question about ・・・。」で。

How often do you do this ? (どのくらい頻繁にそれをしているのですか?)

英会話をしているとき、「I play tennis.」など、趣味の話になったら「How often ~ ?」と質問することで、会話がスムーズにつながります。

How does it look ? (どんな感じなの?)

lookは「見る」ではなく、「~のように見える」という意味です。

Can you tell a difference between A and B ? (AとBの違いは?)

What is the difference between ~ ? でもOK。

How do you weigh A versus B ? (AとBを比較するとどうですか?)

「How do you compare A with B ?」でもOK。AとB、どちらが重要なのかを聞きたいとき。

What do you mean by A ? (Aとはどういう意味ですか?)

ネイティブと英会話をしていると必ず分からない表現がでます。そういうときに。

So, what you are saying is ・・・. (つまり・・・ということだね。)

相手の話を確認するときに。「君の言っているのは○○なんだね。」というようなニュアンス。

Let me confirm this . (確認させて下さい)

相手の話がよく分からないときに。

英会話の幅が広がる英語の答え方

相手の話に同意する

「あなたのその意見に私は同意します」というときのおすすめの答え方がこちらです。

Very difinitely. (全くその通りだよ。)

(You’re) Absolutely right . (その通り!)

No kidding .(全くだ。)

強く言うと「ほんと?」というようなニュアンスになります。

Isn’t that surprising ? (驚きますよね。)

あいまいに答えたいとき

イエス・ノーを明言したくないときはこちらの英語を使います。

I can only imagine . (大体は想像できるよ。)

I would say ~ . (私が思うに・・・。)

控えめに意見を主張するときに使います。

I was wondering if ・・・ . (~ではないかと思っていました。)

相手へ控えめに言うフレーズです。

That’s not the way I see it . (そうは思えないのですが。)

It’s not entirely clear. (完全にはっきりとはしていませんね)

何か分からないことがあるときに使うフレーズです。ディベートで使えます。

Most likely. (だいたいがそうです。)

Sort of. (まぁね。)

まとめ

以上、英会話をもっと深くするための英語の質問例文&質問されたときの答え方をまとめました。

素晴らしい話はもっと深掘りして「私も賛成です!」を伝え、「それはいかがなものですか」という話には適切なフレーズで対処。

いわば表現の選択肢を更に広げていくための英語が、こちらでまとめているフレーズです。

「これは覚えておきたい!」というものがあれば覚えて実践。実際の英会話で、ぜひ試してみて下さい。

若葉マーク 独学で英語を話せるようになりたい方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

【英会話習得】これから英語を話せるようになりたいあなたが知っておきたいこと

初心者が安心して通える英会話スクール【厳選ベスト3】

英語の例文、構文の暗記は英会話の役に立ちますか?

<<覚えておきたい英会話の例文集へ