英会話が弾む英語のあいづちまとめ【基本+応用】

会話する男女

あいづちはコミュニケーションの潤滑油。

このページでは英会話で使える英語のあいづちをまとめました。

あいづちを上手く使えば、コミュニケーションもスムーズになって、英会話がもっと楽しくなります。

会話の内容、相手の話し方にあわせ、一番効果的なあいづちを選びましょう。

基本表現はこちら

Yesのあいづち

あいづちの基本がまずこちら。相手の話を聞いてイエスと言って会話を盛り上げるときはこちらから。

Yes. = うん。

Right. = そうだね。

I see. = そう(分かるよ)。

Sure. = もちろん。

Exactly. = そのとおり。

Indeed. = そのとおり。

I agree with you. = 同意します。

I think so, too. = 僕もそう思う。

疑問・スパイシーなあいづち

英会話はイエスだけで成立はしません。必要に応じて疑問やノーを提示することで、会話がもっと盛り上がります。もちろん、否定ばかりはNGですが。

I don’t think so. = そうは思わないけど。

(Are) You sure ? = 本当に?(確かですか?)

Really ? = 本当?

You’re joking. (You’re kidding me!) = 冗談だろ!

I don’t know. = 分からないな。

Is that right ? = そうなの?

I can’t believe that!= 信じられないよ!

英会話の幅を広げる表現

英語のあいづちの応用編です。

イエスやノーだけでなく、このような反応の仕方があります。いくつか覚えて、イエスやノーと組み合わせて使ってみましょう。

小技

Do you see it ? = 分かる?

Maybe so. = そうかもね。

Sorry ? = えっ?

Say that again. = 何だって?

You think so? = そう思うんだ。

相手に共感したときのあいづち

「私、あなたの話が分かります!」と伝えたいときのおすすめがこちら。「そのとおり!」と思ったことは、積極的に伝えていきましょう。

作り方の基本はThat’s +形容詞

That’s good. = それはいいですね。

That’s interesting. = それは面白いですね。

That’s bad. = お気の毒に。

That’s true. = その通りです。

That’s incredible. = それはあり得ないことですね。

まとめ

あいづちが上手に打てるかどうか。これは控えめに言っても、英会話を弾ませるための超重要なポイントです。

あなたが会話をしているとき、相手が全然あいづちを打ってくれない。それでは会話もはずみません。

そこで、必要なタイミングで、必要なあいづちを打つことで、話し相手の饒舌度アップ。気持ちの良い時間を過ごしてもらうことができます。

そのための気遣いが、こちらのあいづち。いくつか覚えて、ぜひ英会話で実践してみてください。参考になれば幸いです。

若葉マーク 日常英会話を初歩の初歩から覚えたい方におすすめ

あわせて読みたい

英会話を始める前に確認しておきたい3つのポイント

初心者が安心して通える英会話スクール【厳選ベスト3】

英語が苦手な社会人が英会話を着実に身につけるコツ

<<覚えておきたい英会話の例文集へ

シェアする

フォローする