Long time no see. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.186】

シェアする

久しぶり!

Long time no see.

久しぶり。(しばらく会ってないね。)

「久しぶり」を伝える英語はいろいろある!

“It’s been a long time.”に”It’s been a while.”

「久しぶり」を英語で言う方法はいろいろある。ただ、仲のよい人には、カジュアル&カッコをつけるだけでなく、親しみを込めて「久しぶり!」と言っておきたい。

TPOをわきまえておけば、これはなかなか味のある英語に違いない。この意味で、”Long time no see.”を覚えておいて損はない。

言われた方もきっと悪い気はしないはず。久しぶりに会う仲の良い人がいれば、ぜひこの英語で「お久しぶり!」を伝えたい。

元ネタ

日本人がよく使いたがる英語のフレーズから。

ネイティブはあまり使わないらしく、「久しぶり」を少しカッコつけて言う英語です。自然な表現はほかにもあるので、仲の良い人以外には、あえて使う必要はないかもしれません。

逆に言えば、親しみを表現したい人にはあえてこの英語を使ってみて、その反応を伺うのも一つかもしれません。

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集②【日常で使う英語フレーズ】

Haste makes waste.

<<No.185へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.187へ>>