No pain, no gain. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.293】


No pain, no gain.
痛みなくして得るものなし。

筋トレするマッチョマン

自分から何も動かず、頭で思うだけで、やすやすと欲しいものが手に入る。

そんなことがあれば最高だが、実際問題、思うだけでは何も手に入れることはできない。

欲しいものがあったらまず自分から動く必要がある。自分からつかみとりにいく必要がある。

自分から動かない限り、何も得ることはできない、それが現実世界の鉄則だ。

欲しいものがあるときは、まず自ら行動で示す。そのとき、もしかしたら痛みが伴うこともあるかもしれない。

実際問題、手に入れる価値があるものを手に入れようとするときほど、それに応じた痛みがともなう。

つまりは、価値ある何かを欲しいと思ったとき、それに見合う対価(苦労)が必要なのかもしれない。

元ネタ
筋トレマンたちがよく使う言葉より。

メモ
英語でよく使われる「No~,no~.(~なくして~なし)」の表現です。

【例】
No music, no life.(音楽なくして人生なし。)

こちらもどうぞ
On what grounds?
根拠は?

<<No.292へ | 英語の決め台詞 part6へ | No.294へ>>

英語を頑張っている人に評価されている人気英会話教材まとめ