Haste makes waste. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.188】

焦らないでゆっくりしようよ

Haste makes waste.

事を急ぐと元も子もなくしますよ。

何事も効率重視。素早く手際よく物事を処理していく。

忙しい現代において、効率を極限まで求めることは、それはそれで大事である。無駄がないようにサクッと片付け、時間の余裕を生み出すこと。

これこそが現代における有能の証である。

とはいえ、何でもかんでも、効率的に片付ければいいというものではない。物事には、じっくりゆっくり、確実に処理すべきことだってある。

つまり、焦りすぎるとダメになることだってある。

だから時間をかけることが必要なことであるならば、急がず焦らず、じっくり丁寧に、1つ1つ確実に、丁寧に処理していこう。

時間をかけるからこそ意味がある。効率を求めないからこそ価値が生まれる。そんなことだって、あるのだから。

元ネタ

映画「天空の城ラピュタ」の登場人物ムスカ大佐の台詞から。

嫌味な男としておなじみのキャラクターですが、その台詞の一つ一つを精査すると、ジブリにおいてムスカほどいわゆるヒール役は存在しないのではないか。

そう納得してしまうほど印象的な男です。そして英語版のジブリを観てみるとまた、ムスカの印象が変わるかもしれません。

補足

Haste makes waste.= 急がばまわれ or 短期は損気。ことわざの英語です。

こちらもどうぞ

Long time no see.

久しぶり。

<<No.187へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.189へ>>

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

覚えておいて損しない有名な英語の慣用句&ことわざ

シェアする

フォローする