There is always a better way. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.274】

もっと上!

There is always a better way.

常により良いやり方がある。

より良い人生を目指す上で大切なのは、いつも不満を持つことである。

不満を持つというと、あまり良いイメージをもたれないが、不満とはすなわち上昇志向思考である。

今、何かが良くない。それさえ良くなれば、今よりももっと現実が良くなっていく。

不満とは、現実を良くしようとする、上昇志向の現れである。この意味で、不満を持つことは、決して悪いことではない。

問題なのは、不満を持ちつつ、何一つ、行動を起こさずに周りに文句ばかり言うことである。それは完全に時間のムダだし、周りからの心象も宜しくない。

だから不満を感じたときにやるべきことはただ一つ。不満を解消するための、具体的な行動を起こすことである。

そうすれば不満はただの不満ではない。現実をよりよいものにするための、建設的な何かに変わる。

それこそがまさに、不満との一番の付き合い方なのだ。

元ネタ

発明王トーマス・エジソンの名言より。

こちらもどうぞ

Our life is our art.

僕らの人生は僕らのアートなのさ。

<<No.273へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.275へ>>

若葉マーク 初心者が失敗しない定番の英会話教材といえば