Nothing doing! – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.184】

I can fly!

Nothing doing!

それはムリです。(したくないです、勘弁してください。)

できないことは「できません」と言う!

物事には、根性全開、死ぬ気で頑張ればなんとかなることがある一方、どう頑張ってもできないことがある。

例えば、あなたがI can fly!と信じていたとしても、ビルの屋上からそれをやってしまえば、あなたが無傷でいるのは不可能だろう。

世の中不思議なことに、往々にしてこんな間違った根性論が幅を利かせている現実がある。

もちろん、根性論にも良いところはある。実際、メンタル的な気合を入れることによって、「これは無理かも・・・」と思えることを実現可能にできる場合もある。

しかし、それは実際程度の問題であって、完全に出来ないことを根性で何とかすることはできない。

だから、見栄を張ったり、誰かの期待に答えようと不本意な行動を起こす必要はない。できないことやしたくないことはハッキリそう言えばいい。

無理なものは無理なんです、と。

元ネタ

アメリカの日常英会話表現から。

Nothing doing!は「それは絶対無理だ!勘弁してくれ、したくない!」というような、拒否を表す英語です。「これは何がなんでもやりたくないな」ということは、この英語でストレートに。

ちなみにこちらのフレーズをあわせておくと、いろいろ選択肢が広がります。

I don’t want to do this.=それはしたくないですね。

I’d rather not.=やめときます(あまりしたくないです)。

I cannot accept your offer.=お申し出をお受けすることはできません(かっちりめ)。

若葉マーク 初心者が英語を話せるようになる定番英会話教材といえば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑦【英語の決まり文句】

Let me confirm this.

<<No.183へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.185へ>>