今さら聞けない英語を音読する効果とメリット

声に出して読む

英語を話せるようになるためにはどうすればいいのか?

スピーキング上達のためには、英語を「聞く」だけでなく、「話す」という主体的な学習が必要です。

そこでオススメなのが英語の音読

音読は、シンプルで誰でも実践できる学習法。方法はいたってシンプル。英語のテキストを声に出して読む、それを繰り返すだけ。

ただ、それだけです。

音読の効果はあなたも体験している!

音読の効果は、義務教育を終えた人なら誰もが体験しているはず。

例えば、中学校で習う古文。国語の授業で、枕草子や平家物語、奥の細道を音読した経験はないでしょうか。

授業で毎回音読しているうちに、難しい古文も、音読することで自然に読めるようになりませんでしたか?

何度も音読しているうちに読めるようになる!

これこそが、音読の学習効果です。

音読を始めると

音読をコツコツ続けていると、気がつかないうちに、様々な変化が起こり始めます。

「聞き取れなかった英語の音が聞き取れるようになった!」

「英語を読むスピードが前よりアップした!」

など、英語の音読を続けていると、自分の中で、いろんな変化が起こっていることに気がつきます。

この状態でさらに続けていくと、少しずつですが自分の言いたいことを英語で話せるようになっていきます。

英語の表現を体感で覚える

英語を話せるようになるためには、英単語を覚えたり、文法を覚えるなどの基礎練習はもちろん大切ですが、それだけでは不十分。

英語を話せるようになるためには、普段から英語を話す習慣を持つことが必要です。

シャドウイングしたり、英会話のレッスンを受けたり、英語を話す練習が必要不可欠です。

英語を話す練習はいろいろありますが、音読なら自分一人でも練習可能。練習するための英会話教材さえあれば、自分一人で今すぐ始めることができます

ただ声に出して読む、それだけで

英語を繰り返し声に出して読む。これを繰り返すことで、目・口・耳が英語に慣れてきます。独学で手軽にできるシンプルな練習です。

英語は日本語とは全く違う言語。音読をすることで、英語独自の表現・リズムをそのまま覚えることができます。

音読は、誰にでもできる英語のスピーキング練習法。英会話教材を決めて、音読習慣を始めることで、思ったことを英語で「スッ」と話せるようになります。

まとめると

英語を話せるようになる。そのためのトレーニングとして、音読は非常に効果的です。

まず何より英文のテキストさえあれば今すぐできる。誰でもできる。そのわりに効果のコスパもお得。

ただ英語を声に出して読む。それだけのシンプルなことですが、その効果は計り知れません。

では具体的にどうやって音読を取り入れればいいか。気になった方は下記のページにて具体的な練習法をご紹介しています。

英語を話せるようになるためのテキスト音読法

この記事とあわせて、参考になれば幸いです。

若葉マーク英語を話せるようになりたい初心者に支持される人気英会話教材

あわせて読みたい

英語の実力が伸びるテキストの選び方

英会話、ぜったい音読

日本人同士でスピーキング

<<スピーキング学習法のコンテンツ一覧へ