会社の方針でTOEIC受験が義務化!最短効率で500~600点を取得するには?

どうすればいいの?

英語について悩んでいる社会人です。

実は会社の方針が変わって、社員全員のTOEIC受験が義務化されました。ここで点数が低いと昇進などで問題があるかもしれません。

そこでまず、500~600点取得を目標に考えているのですが、実は英語の勉強は苦手で、何をどうすればいいのか、分かりません。

どうすれば結果を出せるでしょうか。アドバイスをお願いします。

近年頻繁に話を聞くのが、会社がTOEICの受験を社員全員に義務化・スコアを採用や昇進などの参考にしている話です。

もとから英語に興味がある方や得意な方は特に問題がない話かもしれませんが、英語が苦手だった方にはとても大切な問題。

英語力で昇進が決められてしまう可能性はもちろんのこと、TOEICスコアがあまりにも低いと、将来的に社内での地位が危うくなる可能性があります。

では一体どうやって問題を解決していけばいいか?何から勉強を始めていけばいいか?

今日からできる対策の方法をご紹介します。

はじめに

まず現在地を確認。

その上でどうすればいいか。目的地への到達方法をご紹介します。

現在地

TOEIC500点未満、英語は苦手。大学卒業から英語はまともに勉強していない。

目標

最低500以上、できれば600点を取って、社内で損をしないようにしたい。

基本的な考え方

会社のためにTOEICで結果を出す。そのための大まかな方法は2つあります。

1つは完全独学で勉強、結果を出すこと。もう1つは、TOEICで結果を出すための英語対策の専門サービスを利用して勉強することです。

前者の場合は、独学のために必要なのは勉強するための教材のみ。お金は後者に比べてかかりませんが、英語が苦手な方にとってやや時間がかかる方法です。

後者の場合は、サービスにお金を払うので、独学で取り組むよりお金がかかりますが、最短効率で結果を出すことができます。

独学で勉強する場合

独学でTOEIC500~600点を取得していく上でまず必要なのは教材です。

英語が苦手で、過去あまり勉強してこなかった場合、大切なのは、「何を」「どのように」取り組むか。

ここで大切なのは、あれやこれ、教材を大量に買うのではなく、特定の教材を、徹底的に理解できるまで取り組んでいくことです。

集中して取り組んでいくことで、理解が深まり、根本的な英語力を身につけることができます。それができれば、今後独学でも十分に結果を出すことができるので、まずは基本。

TOEICの初級レベルが一つ一つ、徹底的に理解して400→450→500→550とステップアップを目指すことがポイントです。

取り組みやすい方法はこちら

ではそのために何をどうすればいいか?

一番簡単なのは、TOEIC対策講座教材を入手し、それを一つ一つやり込んでいくことです。

TOEIC対策講座の教材なら、現在のスコアに応じて何をどう勉強するのか、ガイドラインが明確に決まっていますので、書籍など、他の教材に手を出さなくても勉強することができます。

目標スコアを取得するために最低限必要な英語の知識を勉強することができるので、効率良く独学することができます。

メインはTOEIC対策講座の教材を使用して、「ここはちょっと分からない」というようなところがあれば、別途書籍の教材を購入。

理解を深めていくことが大切です。

英語が苦手な方や、初級からスコアをアップさせたい方はアルクのTOEIC対策講座が便利です。詳細&体験談を掲載していますので、参考にどうぞ。

効率的に結果を出す。アルクTOEIC対策通信講座を目標スコア別に解説

教材入手後に大切なポイント

教材を入手、勉強を始めたら大切なのはまず習慣化すること。

まず、毎日取り組むノルマを決め、それを毎日必ずやり、英語を勉強することを習慣化していきます。

「会社からTOEIC受験を義務化されたけど、いまいちやる気がでなくて・・・」

という場合でも、勉強することをまず習慣化することで、やる気が徐々に出るようになります。

最初やる気がなくても、まず英語を勉強する。入手した教材で、やると決めたことをやり続ける。するとそれが自然になっていき、分かることが増えるにつれ、やる気も出てきます。

こうなればしめたもので、英語を勉強するのがどんどん自然になっていきます。

なので、難しいことを考える必要はありません。まずTOEIC対策の教材を入手したら、「1日のうち、ここからここまでは勉強する!」というノルマを決めます。

そしてそれをやります。

これだけを意識して勉強することが習慣化の大切なポイントです。ノルマの決め方についてはこちらの記事でご紹介していますので、参考にどうぞ。

英語の勉強で大切なのは「時間」よりも「質」という話

最短効率で結果を出せる?

「自分は独学ではどうもだめかもしれない」

「どうせTOEICを受験するなら、最短効率で結果を出して、社内の評価をアップしたい!」

「転職して年収アップするために、英語を武器にしたい」

そのような場合、独学ではなく、TOEICで効率的に結果を出すためのサービスを利用するのも一つの方法です。

たとえば英会話スクールのTOEICの対策講座や、3ヶ月後に結果を出す英語パーソナルジムなど、有料のTOEIC対策を利用することができます。

お金はかかりますが、最短効率で結果を出すサービスを利用することができます。

実績と効率で言えば英語パーソナルトレーニングは最強。2ヶ月~3ヶ月の受講後にTOEIC200点アップをする受講生多数。

最短最速で結果を出したい場合、特に検討する価値が高いサービスになっています。

TOEIC200点アップは当たり前?英語パーソナルジムに注目する5つの理由

3ヶ月後にTOEIC200点アップが続出する理由

英語パーソナルトレーニングのいいところは、

1・努力する期間が明確だから短期集中で努力できる

2・英語で結果を出すための正しい勉強方法を身につけることができる

3・高いお金を払っているので、「絶対に結果を出す!」と自分を追い込める

など、自己投資として最強レベルのコスパのサービスになっています。

特に英語の勉強のように、「何を」「どうやって」勉強する必要があるかを知ることが大切なことは、最短最速で結果を出すために必要不可欠。

なぜなら社会人が英語を勉強する上で大切なのは効率的に結果を出すこと。

コツコツ英語を勉強していくことはとても大切なことですが、昇進など結果が重視される場合、効率を求めることはとても大切なポイントです。

この意味で短期集中、結果を出していくためには、プロのサービスを利用する価値があります。

英語のパーソナルジムに興味をお持ちの方は、無料で結果を出すためのトレーニングを体験することができます。

ぜひご自身で体験し、3ヶ月後にTOEIC200点アップできる可能性を、実感してみてください。

ENGLISH COMPANYを体験した私が伝えたい7つのこと

最後に

会社でTOEICが義務化。それをきっかけに英語を勉強する社会人の方が増えています。

そこで意識したいことは、英語を勉強してTOEIC目標スコアゲット。そのあとどうなるか、ということ。

昇進して年収アップ。もしくはキャリアを考えて転職。TOEICで良いスコアを取得できれば、転職のチャンスはさらに広がります。

この意味で、いかに最短効率で結果を出すか。不必要な努力をしないか。社会人がTOEICを勉強する上で、特に意識しておきたい考え方になります。

このページでは、独学で勉強して方法。有料のTOEIC対策を利用する方法。2つの方法をご紹介しました。

結果を出す道は一つではありません。それぞれメリット&デメリットがあります。だからこそ今のあなたがどちらの方法がぴったりなのか。

この記事がそれを考える参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

英会話ビギナーズWEB 個別学習アドバイスについて

スタディサプリTOEIC対策パーソナルコーチプラン

TOEICで結果を出す!スコアアップおすすめの英語教材