英会話教材を効果的に使いこなすコツは朝と夜、1日2回の学習にあり

勉強する女性英語上達のためには、継続的な学習と正しい方法が必要です。

自分のライフスタイルにあわせ、頭に入りやすい勉強をすることが大切です。

私が経験的におすすめするのは、

1・朝に30分ほど英会話教材のテキストを素読or音読

2・夜に朝勉強したことを復習する

この2段階の学習方法です。

基本的に、一度に何冊もテキストを浮気する大量の学習よりも、初心者の方の場合、1つのことを集中する方が効果が出やすいと思います。

また、勉強する時間帯を意識することも大切です。

昼働いている場合、夜にテキストを開いて勉強するとなると、超人的な意志力が必要です。疲れて勉強すると、集中力が途切れて、ダラダラ学習になりがちです。

特に、新しく学習する内容は、それなりに集中して勉強しないと身につきません。また、夜に頭を使うと変に意識が冴えて、眠れなくなる可能性があります。

なぜ朝なのか?

そこでおすすめするのが30分の朝学習です。

朝の場合、目覚めてすぐ30分くらいしたら意識がすっきりしているはずです。こういうときは新しい単元を学習のピッタリの状態です。

私の場合、夜復習して、朝に復習+新しい単元の学習という方法で勉強した経験があります。働いている方の場合、どうしても夜は仕事でヘトヘト、学習濃度は低下してしまいます。

いろいろな英会話教材を使って、朝と夜、2回に分けて学習をしています。起きてすぐに前回の復習をCDでし、それから午後、新しい項目をやる、という1日に2度の使い分けをしています。

疲れて勉強しても効率が悪いので、新しい単元を勉強するより、一度学習したことをサッと復習する方がより学習効果が高まります。

理想的なのは、朝に復習と新しい単元を学習することですが、「時間がない!」という場合はテキストを3ページ学習するだけでも十分です。

そして夜、朝学習することで、学んだことが記憶に残りやすくなります(詳しくは暗記は忘れることを前提に参照)。忙しい方は一度に大量の勉強をする必要はありません。

大切なのは、1日1時間でもよいので続けること。そして、学んだことを復習して、しっかりあなたのものにすることです。

英会話教材はとことん活用しよう

仕事へ行くときも、ちょっとした時間を有効に活用しましょう。英会話教材にはCDなど音声学習ができる教材があります。

こうしたツールは、出勤途中の電車(車の方はオーディオ)の中で活用することができます。

「耳学問」という言葉がありますが、オーディオ学習は結構実力になります。

1日1単元だけでも集中して聴くと、あるときリスニングやスピーキングの能力がアップしていることに気付きます。

電車や車の中は意外に集中することができます。教材付属の音声CDはぜひ利用することをオススメします。

詳しくはリスニング教材はポータブルプレイヤーを活用するをご覧下さい。

あわせて読みたい

英語を耳に慣らすこと

3回はやり通そう

1日60分は確保しよう

<<英会話教材の使い方のコンテンツ一覧に戻る