英会話教材の買いっぱなしは効果なし。効果を実感したいなら1日1時間がおすすめ

英語のリスニング中

「英語が話せるようになりたい!」

そこで英会話教材を購入。

いよいよ英語学習のスタートですが、ここで大切なのは、毎日継続的な学習を続けること。購入した英会話教材を、きちんと使う必要があります。

そのために大切なのが最低限の学習時間。当サイトでは、少なくとも、1日1時間の学習をおすすめしています。

一気に1時間学習する必要はありません。朝15分、昼15分、夜30分など、細切れの時間でも大丈夫です。

大切なことは、しっかり英語学習を続けるということ。短い時間でも、やることを決めてやっていけば、成果はおのずと出てきます。

初心者の方はまず1単元学習&復習がおすすめ

英会話教材を学習する場合、それぞれ単元があります。勉強をするときは、1単元ごとに学習と復習を意識しましょう。

新しい単元を学ぶときは、多少時間が必要になるかもしれません。初めての場合、理解するのに時間がかかりますし、辞書を引く必要もあるでしょう。

この場合、45分を新しい単元の学習に使うことが有効です。そして、残りの15分を時間を空けてから復習すると、学んだことがスムーズに身に付くと思います。

例えば、一度45分新しいページを学習します。そして、数時間あけて、学習した単元を開いてみます。そうすると、「こういうことを勉強したなあ」という感覚があると思います。

そこで15分ほどでよいので、前に分からなかった文法や単語をチェックします。何度も見ることで、記憶が強化され、結果的に暗記することができます。

いくら新しいことを勉強しても、忘れてしまっては効果がありません。新しいことを学ぶときは、いつも復習を意識しましょう。

チェックポイントを繰り返し

新しい単元を学習するときは、「このページのどの部分が一番重要なのか?」ということを意識しましょう。特に、文法やリスニングの学習で、ポイントを押さえることが大切です。

リーディングの場合、英文を読むということ自体、ある程度慣れが必要なので、即効性は期待できません。その代わり、文法やリスニングでは、必ず大切なポイントがあります。

その点だけ押さえておけば、十分に勉強の効果があります。「ここだけはマスターしたい!」というポイントを探し、重点的に学習します。

後は、あなたのライフスタイルにあわせて学習時間の配分を効果的に、勉強したことを忘れないための復習をしっかり繰り返して行いましょう。

追記

「1日60分は英語の勉強時間を確保する」と書きましたが、1日20分でも30分でも、大切なのは、できる範囲で英語に触れる時間を作ることです。

英語に挑戦できる環境は人それぞれ違う(特に社会人の場合は、なおさら時間が貴重ですよね)ので、今自分が確保できる最大限の時間を確保し、英語に触れる時間を作ることが大切です。

まとめると

早い話、英会話教材を効果的に引き出すために大切なのは、勉強したことをきちんと覚えておくこと。

そのために、1つ前へ進んだなら必ず復習をして、覚えた英語を忘れないようにしていくことです。

そのための最低限の時間として、1時間がおすすめの目安になります。

イメージとしては、

1・英会話教材を始める

2・一単元をクリアする

3・復習して忘れているところはないかをチェックする

4・また新しい単元へ進む

5・復習して英語力を強化

このようなイメージです。

英会話教材で覚えたことが自分の知識になれば、それがまさに英語力。いざというとき、「パッ」と口から出るようになってきます。

これから英語を始める初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク CDを聞いて英会話を習得!注目したい人気教材はこちら

あわせて読みたい

CDタイプの英会話教材のメリット

ポータブルプレイヤーをフル活用する

まず3ヶ月続けてみよう

<<英会話教材の使い方のコンテンツ一覧に戻る