ホーム > 勉強のコツ > 暗記は忘れることを前提に

英語学習の努力をムダにしない!知っておきたい暗記のコツとは


勉強する美女

英会話を覚えるためには、英単語、構文、文法など、様々な知識を暗記する必要があります。

勉強した内容をしっかり覚えること、暗記することは、英会話を効果的に習得するために大切なスキルです。

と言いつつ、実際1度覚えた英語を暗記して覚えるのは結構大変です。ただ闇雲に英単語を暗記するのははっきり言って苦行以外なにものでもありません。

例えば英単語。

もしかしたら、あなたも一度は単語カードを作って、コツコツ暗記しようとした経験があるかもしれません。

ところが、その方法だと、

「英会話を頑張ろうと、単語カードを作ってコツコツ覚えようとした。でも、覚えることができないし、何より面倒で、嫌になった・・・。」

というように、結構な確率で途中でイヤになって、挫折してしまうかも。

また、クセものなのは、英単語は一度は「覚えた!」と思っても、後でチェックすると「忘れた・思い出せない」という状況になりがち。

1度勉強して覚えたと思っても忘れてしまう。

そうです、暗記は結構忘れてしまいます。これは地味にショックなのですが、実際はそれほど深刻な問題ではありませんので、ご安心を。

スポンサードリンク


忘れてしまうのは自然なこと
1度勉強したことを覚えられない、暗記できない。これは当然のことで、記憶力・頭ののよしあしとは関係ありません

英会話を身につけるために英語を勉強する。そのときに知っておきたいことは1つだけです。

それは、

「人は覚えたことを自然と忘れるもの。」

というシンプルなルール。

この当たり前のことを意識しておかないと、「何で俺は頑張っても暗記できないんだ・・・」と自虐的な気分になるのでご注意下さい。

英会話のために英語を勉強していく上で、大切なのは、1回の勉強で、完璧に知識を覚えようとしないことです。

むしろ、「忘れても当然!」というくらい、軽い気持ちで学習にのぞみましょう。

そのかわり、暗記をするときは1つだけ意識するのがオススメ。その方法とは、

覚えやすい方法で暗記し、復習を繰り返す。」

ここがポイントです。

詳しくご説明します(記憶のかんたんなメカニズムと暗記法はこちらを参照)。

丸暗記ではなく理解する
東大受験を描いた人気ドラマ「ドラゴン桜」。

その中で、理科の教師アインシュウタロウ先生が人間の記憶のメカニズムを説明する場面が出てきます。

まず、黒板に、意味がつながらない適当な単語を7つほど黒板に書き、それを生徒達に1分間で単語とその並び順を暗記させます。

電車、温泉、ビール、タオル、さるなどの単語です。

1分間達、アイン先生は生徒に5つの単語を覚えたか確認します。

その結果はというと、正解者はゼロ。そこでアイン先生は、その場に同席していたほかの先生にも聞いてみます。

聞かれた先生方は、スラスラ正解を言うことができました。なぜ、すぐに暗記できたのでしょうか?キーワードは理解暗記

先生方が覚えた方法とは、無関係な単語にストーリーを作り、理解しやすいようにしたのです。例えば、上記の例で言うと、

「みんなで電車に乗って温泉に行った。そこでビールを飲んだ。タオルで汗をふこうとしたら、さるがいた」

というように、一見関係のない単語を、「ストーリーでつなぐ」ことで、理解し、単語を覚えたのです。

実際、やってみるとわかりますが、意味のつながっていない単語を1分間で覚えることは結構しんどいです。

そのかわり、単語と単語をつなぎ、記憶に残りやすい方法を使うと、結構スムーズに覚えることができます。

英単語は例文で理解する
英単語だけを暗記しようとすると、かなり大変です。「nap=昼寝」のように、単語だけ意味を覚えていく勉強方法は、労力以上に暗記できません。

また、grassとglassのように紛らわしい単語の場合、単語だけ暗記しようとすると意味を勘違いする可能性があります。

ではどうするのかというと、必ず例文とセットで暗記します。

「例文も覚えるの?もっと大変じゃない?」と思われたかもしれませんが、単語だけで暗記するよりも、覚えやすいです。

例文は忘れたとしても、単語の意味と使い方、品詞は覚えているはずです。

例文とセットで覚えることのメリットは2つあります。

・単語の使い方、用法がわかる
・理解して覚えるから忘れにくい

自分の頭で納得したことというのは、結構忘れにくいものです。その代わり、記号など、理解の伴わないものを暗記するのはとても大変です。

文法も英単語も、暗記するときは、かならず例文を用いて、「自分の頭が理解する」ことを意識しましょう。結果的に、学習が効率的になります。

以上の理由から、英単語の本を選ぶときは、例文がのっている単語本を買うことをおすすめします。

旺文社の大学受験向けターゲットシリーズのように、例文が記載されているものがよいと思います。

重ねがけで暗記を強化
最後に大切なのことが復習です。

いくらきれいに暗記したことも、そのまま放置すれば忘れてしまいます。そこで、何度も何度も、定期的な暗記のメンテナンスを実施します。

復習する期間の設定はあなた自身が設定しましょう。週7日のうち5日暗記するなら、すくなくとも残りの1日はメンテナンスに費やします。

この考え方は英語教材を使うときも同じ。1回で内容をマスターすることは難しいので、何度も使い、復習します。

繰り返し繰り返し、覚えたことを復習することで、記憶はより強固なものになります。

穴の開いたバケツに水を入れても、バケツはいつまで経っても、満タンになりません。

ぜひ覚えたことを確実にするため、復習をしつこいくらい、繰り返しましょう。

勉強したことは、日をおいて復習する。ここを徹するだけで、格段に記憶への定着率がアップします。

この繰り返しで、様々な英語の知識が、あなたのモノとなっていきます。

「英会話を覚えるために英語を勉強したい!」

という場合、特に復習に力を入れてみてください。少しづつ、しかし着実に、英語の知識が、あなたのモノになっていくことを実感できるかも。

若葉マーク 初心者が「英語を話せるようになりたい!と思ったときに参考にしておきたい英会話教材

次のページへ
モチベーションを維持するために

関連記事
英単語の丸暗記について
英単語の覚え方 コツはありますか?
テキストを使い倒す

<<英語&英会話の学習法一覧へ

スポンサードリンク