英語の勉強に役立つ!記憶のメカニズムと忘れない暗記法

シェアする

解説します

英語を覚えて効果的に英会話を身につける!

そこで大切なのが、「覚えたことをしっかり身につける」という習慣です。

このページでは、英単語を覚えたり、例文をまるごと暗記する前に知っておきたい重要なポイントを分かりやすくお伝えしています。

効率的に英語を覚えたい初心者の方は、頭の片隅にでもこの話を入れておいてみてください。きっとあなたのお役に立てると思います。

はじめに

あなたには、英語を勉強してもなかなか覚えられなくて、「なぜ自分は勉強が苦手なんだろう・・・」と悩んだことはありませんか?

せっかく時間を使って英語を勉強したのに、すぐに忘れてしまう。確かにそういうとき、自分を責めたい気持ちになってしまうのも仕方ないかもしれません。

ただ一つ認識したいこと。覚えたことを忘れてしまうということは、頭の良し悪しや、勉強ができるできないとは、関係がありません。

問題は、記憶にメカニズムに基づいた効果的な覚え方をしていないだけの話なのです。

英語を勉強してもすぐに忘れてしまうのはやり方が間違っているだけ。その事実はあなたにとって朗報になると思います。

忘れるのは自然!

なぜ私たちは勉強したことを忘れてしまうのか?

それは、私たちの脳に、「忘れる」という機能がついているからです。それは私たちに備わった素晴らしい能力なのです。

想像してみてください。もし覚えたこと、経験したことすべてを「忘れることができない」としたら?

良い経験もずっと覚えていることができる一方、嫌な経験を忘れることができず、毎晩夜寝るときにそれを思い出せば、安心してぐっすり眠ることができなくなってしまいます。

だから、忘れるということはマイナスだけではありません。「勉強の向き不向き」とも、全く関係がありません。それは自然なことなのです。

忘れることは決して、恥ずかしいことでも、何でもないのです。

暗記は忘れることを前提に取り組む!

英会話を学び、英語力を伸ばしていくためには、基礎的な単語力のアップや、英文法を理解することが欠かせません。

そのため、コツコツ英単語を暗記したり、英文法を勉強するのですが、「やりっぱなし」は意味がありません。ではどうやって覚えたことを忘れないようにすればいいのか?

大切なのは、私たちの記憶のメカニズムを理解することです。そして、それに応じた勉強の方法を実践すればいいのです。

「英語を勉強しても忘れてしまう」ことを前提に、英語の勉強を計画し、実践していきます。

そこでまず一つ大切なのは、覚えたことをそのままにしないことです。必ず復習することをセットにして、英語の知識を覚えていくのです。

脳の2つの記憶

あわせて重要なのが、私が記憶をどのように貯蔵するのか?その仕組みをかんたんに理解することです。

「覚える」というと「そのまま暗記してしまう」というイメージがありますが、知識を闇雲に頭に詰め込むことは、覚えにくいだけでなく、勉強そのものにストレスがたまります。

何より、無理やり頭に知識を詰め込む方法は一瞬は覚えた気になりますが、3ヶ月、半年といった長期的なスパンでは役に立ちません。

ではどうすれば、効率よく暗記できるのでしょうか?そこで知っておきたいことが、「人間の脳のメカニズム」です。

人間の記憶は、2つあります。短期記憶長期記憶です

厳密には中期記憶の3種類がありますが、ここでは分かりやすく説明するため割愛しています。

短期記憶は数秒から数時間、長くて1日程度、脳に保管される記憶です。

試験前の一夜漬けで暗記した記憶のほとんどは、この短期記憶になります。短期的には効果が出ますが、しばらくするとスッカリ忘れてしまいます。

一方、長期記憶とは一生に渡って保管される記憶です。

例えば、あなたの名前、卒業校、住んでいる町の名前などが長期記憶です。つまり、あなたの体に身に付いた記憶が長期記憶です。

ここで「ピン!」ときたかもしれませんが、しっかりとした暗記をするには、覚えたことを短期記憶ではなく、長期記憶に送り込むことが大切です。

一夜漬けのような超短期集中型の暗記の場合、目先の問題は対処できますが、長期的にはあなたの力にはなりません。あくまでその場しのぎの方法です。

英語を上達するためには、覚えたこと・勉強した知識が自分の物になるような、半永久的に使える暗記法が大切です。

つまり、覚えたことがしっかりと長期記憶に送り込まれるような暗記方法がベストになります。そのためには、脳の特性にあわせたあることをする必要があります。

覚えたことを長期記憶にするには?

人が何か聞いたり見たとき、その情報は一時的に海馬と呼ばれる脳の組織で保管されます。そして、脳がその情報は大切だと判断したとき、その情報は長期記憶へ変わります。

では、どうすれば脳は暗記したことを重要だと判断してくれのでしょうか。答えは1つ、「反復行動」です。

つまり脳は、頻繁に目にすること・聞くことを=重要な事柄と判断するのです。何度も反復することで、脳内の神経が結びつき、より強い記憶へとつながっていきます。

特に、何か新しいことを覚えるときは、一度勉強してから最低1ヶ月以内に繰り返すことで、より強い記憶になっていきます。

例えば、人の名前。何度も合う人の名前は自然に覚えていきますよね。これは、何度も会うことで、記憶が強化されていく仕組みです。

覚えたことを忘れないようにしたいなら復習すること。そして頻繁に復習すること。これが重要なポイントになります。

暗記実践メニュー

以上、記憶の仕組みについてざっと見てきましたが、これからは、具体的な暗記法についてまとめていきます。

今までの文章のポイントは、

・暗記は長期記憶に

・長期記憶にするには繰り返しが大切→復習を徹底する

の2点です。つまり、英語を勉強するときは、「繰り返しの復習」を意識することが大切です。

そこで、英語の例文や単語を暗記するときは、1回の暗記量と、復習をセットにした学習計画を立てましょう。

例えば、週に5日、英単語を暗記する場合、5日のうち1日は復習に時間を割くのです。この場合、4日覚えて1日復習、というケースです。

「暗記が難しい!」という方は、1回の勉強量を減らして、その分、復習に時間を割きます。例えば、3日覚えて2日復習、という具体です。

何度も何度も繰り返して、しっかりと暗記できれば、スピードはゆるやかですが、確実に前進することができます

英単語、例文を暗記をするときは、復習と重ねがけを意識することが大切です。

ちなみにあなたが英語が苦手で無理なく取り組みたいなら、このような方法もおすすめです。

1日60分英語を勉強するなら「分配学習」がおすすめ!効果と方法がこちら

まとめ

ここまでのまとめです。

私たちは、覚えたことを「忘れる」生き物です。それがそもそも、自然なことです。

そこで大切なのが、忘れることを前提に英語を勉強し、自然と記憶に定着するかたちで、必要な知識を覚えていくのです。

具体的には、

1・復習を必ず行う

2・復習は一度だけでなく「何度も」「定期的」に行う

この2つを意識して、英語の勉強に取り組むことが大切です。

「一度の勉強で覚えられないくてもいい」「勉強したことを忘れてもおかしくはない」という前提で、英語の勉強に取り組んでいきましょう。

最後に

英語を覚えるための効果的なコツ。それは頭の良し悪しではなく、記憶のメカニズムを理解しているかどうか。ずばりそこにかかっています。

大切なのは何かを覚えたり暗記したら、必ず復習の時間を作ること。新しいことを覚えたらともかく復習。これが大切なポイントです。

いくら何かを勉強して、新しいことを暗記しようとしても、覚えたことを忘れてしまっては、効率的とは言えません。

だからこそ覚えたことを忘れない。暗記した英語を自分のモノにしていく。英語を覚えるときは復習を忘れないことが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者の方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英語を勉強しても忘れない方法

英語の例文&構文の暗記は英会話の役に立ちますか?

デメリットが大きい?英単語の丸暗記の注意点

<<覚えておきたい英会話の例文集へ