覚えた英語を忘れない復習のおすすめタイミング

勉強中

英語を勉強して着実にレベルアップしていく。

そのために大切なのが、勉強したことを忘れないで、着実に自分の力にしていくこと。そのために、どうやったら効率的に暗記ができるのか。

覚えたことを忘れない。そのために大切なのが復習です。

このページでは、復習を効果的にするためのおすすめタイミングについてまとめています。

効率的に英語を学びたい初心者の方はぜひ、このタイミングを参考にしてみてください。

はじめに

覚えた英語を忘れない。そのために大切な復習。

英会話教材、テキストで英語を勉強する→復習する→勉強したことが身につく→使えるようになる

このように、復習を適切なタイミングで行うことによって、勉強して覚えたことが文字通り、自分の知識となります。

しかし、復習をおろそかにしていると、

勉強する→勉強したことを忘れてしまう→自分の知識にならない→いつまで経っても上達しない

というような悪循環に突入してしまいます。

だからこそ覚えたことを忘れないようにするための復習は、絶対に欠かすことができない、勉強のプロセスです。

復習のベストタイミング

では具体的に、いつ、どんなタイミングで復習すればいいのか?

それを知るために知っておきたいのがエビングハウスの忘却曲線です。

これはようは、人がモノを忘れるタイミングを学術的に研究した成果で、驚くほど人の記憶は忘れやすいようになっていることが判明しています。

忘却曲線の細かい理論は置いておいておいて、大切なのはそこから復習のベストタイミングを知ることです。

ではそれがいつのなのかというと、ズバリこちら。「1日以内」に復習することです。

1日開けてしまっては覚えた英語のうち、かなりのことが忘れられてしまいます。だから英語の勉強を効率的に行うためには、「1日以内」に復習をすること。

これが効率的に英語を覚えていくためのカギになります。

復習を勉強に組み込む

例えば新しい英単語を頑張って覚える。

それでも人の記憶は、1時間後にそのかなりのことを忘れてしまうようにできています。

だからこそ、覚えたことを忘れないようにするため、きちんと復習をする時間を作ることが大切です。

そのためには、毎日新しいことを覚えるのではなく、必ず前回勉強したことを復習できるような、勉強のルーティンを作っていくことが大切です。

個人的におすすめなのは、1日新しいことを勉強したら、その日のうちに再度復習。

翌日また勉強するとき、新しいことを積極的に覚えるのではなく、復習8割、新しいこと2割というように、復習重視で勉強することです。

こうすれば、新しいことを覚えるスピードは遅いですが、勉強したことが忘れにくくなります。

なので、覚えたことをどんどん忘れてしまうような勉強法よりも、着実に前へ進んでいくことができます。

まとめ

大切なのは、覚えたことは復習しないと忘れてしまうこと。そして、復習のベストタイミングは「1日以内」であること。

これが重要なポイントです。

非効率的なのは、復習の時間を一切取らず、ひたすら新しいことを覚えようとすること。

それは、穴の空いたコップに水をためようとするようなもの。努力が報われる可能性は極めて低い話です。

ということで、英語を勉強するなら必ず復習。復習のベストタイミングは1日以内。できれば早ければ早いほどOK。

ぜひ意識してみてください。

若葉マーク 英会話初心者が優しく英語を学べる教材

あわせて読みたい

英語の例文を覚える前に知っておきたい記憶のメカニズムと暗記法

英語を勉強しても忘れない暗記のコツ

デメリットが大きい?英単語の丸暗記の注意点

シェアする

フォローする