英会話で挫折しないカギはスランプ対策。「英語が話せるようにならない・・・」と悩んだときはどうするか?

スランプに悩む美女

英語上達のために、継続的な学習は不可欠。

目標を決め、英会話教材で日々コツコツ勉強。やるべきことを続けていれば、それがやがては結果につながっていきます。

ところが、努力がスムーズに結果にならないことも。

ときに、一生懸命にやればやるほど、思うようにいかないスランプの時期を経験します

スランプの時期は、「頑張っているけど結果が出ない」という精神的に非常にしんどく感じるときです。

この時期は、

「こんなことを続けていて効果があるのか?」

「私には無理かも・・・」

など、ネガティブな考えが頭に浮かんできます。

踏ん張って、さらに勉強をしているのに結果が出ない。そんなときは、「心が折れそうだ・・・」とつぶやいてしまいます。

こういうとき、努力することがムダなように感じてしまいます。

伸びない時期は必ずやって来る

が、ご安心を。

スランプは英語を頑張り始めた誰もが経験する通過儀礼のようなもの。

・どんなに英語を勉強しても伸びない。

・学習方法を自分なりに工夫しても、英語が話せない、聞き取れない。

こんな、「思うように努力が報われない時期」は誰もが経験することになります。

何事もそうかもしれませんが、何かを始めて、とんとん拍子に上手くいくのはマレです。ある時期を境に、急に物事が上手くいっていないような、タフな時期を経験します。

場合によって、以前できたことすら出来なくなったり、上達どころか退行しているような、泥沼にはまるような閉塞感を感じることもあります。

実は、このスランプの時期が上達するかあきらめるかの境目です。

スランプのときは鈍感力。「気にせず続ける」が最善解

頑張っても英語が伸びない、上手くいかない。

そんなときに大切なのは、スランプを気にしない鈍感力とやるべきことを続ける継続力。スランプを気にしすぎず、モチベーションを維持して、学習を継続することが一番です。

真剣に打ち込む人ほど、スランプで悩んでしまいます。

そして、他の人と比較して、「どうして自分は思うように伸びないのだろう?」と悩んでしまいます。

これはある意味、とても自然なことです。本気で取り組んでいるからこそ悩むのです

落ち込むのは期待度が高いから

何となくやっている人の場合、そもそも壁すら見えないことが多いのです。

本気でやっているからこそ、上手くいかないことに悩むのです。スランプに悩むということは、それだけ自分が本気なんだというサインです。

そこで、まず自分の頑張りを認めてあげることが大切です。

「そうか、私は本気で頑張ってきたんだ、その努力は素晴らしい」ということを感じてみます。

そして、今できることをできる範囲でやっていけばOKです。

もし、やる気が下がってしまったのであれば、少しペースを落として、ゆっくりしてみて下さい。

例えば、

・普段のノルマを減らす

・2~3日(もしくは1週間ほど)英語学習を休んでみる

など、「上手くいかない・・・」と感じるときは、無理をしないことが大切です。

スランプに気ずいて対処すること

スランプの時期は、

・普段と同じように努力しているけど結果がイマイチ。

・頑張りたいけど力がでない。

・やる気自体、下がってきている。

というようなサインが出ているはず。

この時期に、あせって勉強量を増やしても、逆に効果。勉強することがイヤになり、努力が報われないように感じ、英語が苦痛になってしまう可能性があります。

勉強していてイヤな気持ちになったり、何となく気分が乗らない場合、思い切って数日、英語を放置してみてもよいと思います。

私の場合、精神的に疲れがたまっていると、何となく集中できなくなって、普段なら聞き取れるはずの英会話も耳から素通りしてしまうときがあります。

そういうときは、「今はこういう時期なんだな」と割り切って、リラックスできることをしたりして、上手に気分を転換していきます。

すると、ある時点、気付いたときには大体が元通りになって、状況が良くなっています。

続けるのが一番。だからこそ

大切なのは、長期間、英語を続けること。

調子が乗らないときに頑張って心が折れてしまうより、一時期休止してゆっくり休むこともスランプ対策の1つです。

実際、大して努力していなくても、実力以上の結果が出るときがありますし、努力していてもぜんぜん上手くいかないという時期もあります。

上手くいっている時は流れに乗ってガンガン進み、上手くいっていない時は、少しペースを落として、ゆっくりします。

自分の状態にあわせた努力配分も立派な技術です。

無理しないときは無理はNG。焦らずゆっくり、長距離のマラソンに挑戦するような気持ちで、マイペースに取り組むくらいの気持ちでいきましょう。

スランプの時期の目標は

スランプの時期は、結果を意識しすぎてあせってしまう場合が多いと思います。

そこで、スランプの時は、調子を変えてみます。おすすめなのが、自分でコントロールできるノルマを持つことです。

どういうことかというと、

・英単語を3個、紙に3回書く

・テキストを1ページ音読する

など、自分が100%確実にできることを目標にします

例えば、TOEICや英検の場合、努力しても思い通りの結果が出るとは限りません。思うとおりの結果がでないからあせるわけで、あせりがスランプを長引かせます

そこで、スランプの時期はあえて目標を忘れて、今出来ることに意識を向けます。

思い通りにならないことより思い通りになることを意識する

TOEICスコアなどの結果は、必ずしも自分の思い通りにはいきません。

しかし、今日何を、どれだけ勉強するのかは、自分でコントロールすることができます。

ポイントは、

・すぐに結果を求めないこと

・マイペースにのんびりやること

の2つです。

今、自分ができる範囲でかまいません。ムリをせず、マイペースに進むこともOKです。

今できることを繰り返していると、ある日夜が明けていることに気付くときが来るでしょう。

「英語を頑張ろうと思って、いろいろ勉強を続けてきた」

「でも、勉強しても全然上達しない・・・」

「勉強も面倒になってきた、もう挫折しそう・・・」

など、スランプにお悩みの方の参考になれば幸いです。

スランプのときは定番の英会話教材で心機一転!

あわせて読みたい

英会話の学習につまずいたときは

3ヶ月、続けてみよう

ブレイクポイントは突然やってくる

<<英語&英会話の学習法一覧へ