英文法を問題集で覚える理由&効果【効率優先】

英文法書と格闘中

私が大学時代、大阪の私塾で中学3年生相手に英語の現在完了形を教えていたときです。

have+過去分詞の説明をしていたところ、生徒が「過去分詞って何?、現在完了って何?」という質問を受けました。

これは、中学3年で英語を習うとき、誰もが感じる「分け分からない文法用語」ではないでしょうか?

中学生だけでなく、英語を学び直しする大人の方にとっても、現在完了とか、その手の専門用語は「英語が小難しい」と感じる原因になっています。

そして実際のところ、どんな英文法の本を読んでも、こうした難しい用語が登場します。こういった細かなことを、無理やり頭で理解しようとするから英語の勉強が難しくなってしまいます。

そこでこのページでは、最低限必要な英文法を効率的に覚える方法として、英文法の問題集をフル活用する方法をご紹介しています。

「英会話のため」に必要最低限の英文法を覚えるにはとても効果的です。少し、前置きが長くなりますが、ご容赦ください。

やっぱり、英文法は難しい?

本気で英語を身につけたいと思うなら、英文法を学ぶことはとても大切です。というのは、文法はいわばルールであり最低限の知識だからです。

私達日本人にとって、英語は外国語であり、未知の言葉です。理解するためには、多かれ少なかれ、文法という知識が必要になります。

ただ、日本の英文法は何やら難しい用語をつけて、学習者にとって難しい印象を与えがちです。分厚い文法書を勉強しても、ぜんぜん効果は出てこないでしょう。

よくある英文法学習の失敗例として、「やる気を出して本屋にゴー。英文書を買って読んで文法を理解しようとしたら、ますます英語がイヤになった・・・」というケースがあります。

実のところ私自身、大学時代に同じような経験をしたことがあります。

『ロイヤル英文法』は正直苦痛だった

高校時代にろくに勉強をせず、火事場の馬鹿力で大学受験を乗り切った私は大学入学後、基礎学力の不足に悩みました。

そこで、英語力がずば抜けていた同級生にアドバイスを求めたところ、「英語をマスターするには文法をマスターしろ!」というようなことを言われました。

そこで、『ロイヤル英文法』という分厚い文法書(800ページくらい)を購入。読み始めました。

最初は我慢して、読んでいくのですが、眠くなるし分け分からないので、本を開くのもイヤになりました。結局3日でギブアップしました。正直な話、苦痛としか言いようがありませんでした。

このことから、「英語の文法は大切かもしれないけど、もっとよい学習法があるのではないか?」と、ずっと思っていました。

大切なのは英文法を実際に使えること!

この経験から直感的に、英文法を理屈で云々しようとしても、ほとんど意味がないこと(実用的でないこと)を理解しました。

というのは、大切なことは文法をどう使うかであり、変に小難しい文法用語を知っていても意味がないことを実感したからです。

そう、いくら頭に英文法の知識を詰め込んでも、実際の英会話や、実用レベルで使えなければ意味がありません。

文法はあくまで英文を読む基礎能力であり、英語を話すための基盤です。

文法の専門家になるわけではないのですから、あくまで実用的な範囲で内容を覚えます。そして大切なのは、普段の学習で、

いかに分かりやすく効果的に英文法を学ぶか?

ということを意識すること。

なぜ問題集なのか

ではどうするか?そこでおすすめしたいのが、「文法問題集で英文法を学ぶ方法」です。

まず本屋さんへゴー、中学生や高校生向けの文法問題集を購入します。それから「まずは早速問題を解いてみましょう!」と言うのが普通ですが、ひとまず待って下さい。

まず最初にすることは、答えを見ること。答えを見ながら、「なぜその回答になるのか?」を考えて下さい。

時制なら、なぜwasではなくisなのかなど、英語独特の考え方を身につけるのです。つまり、実例から入って、理論を学ぶ方法です。

大半の文法説明書は、人称や時制など、英文の大切なルールは初心者が本当に理解するのは難しい内容がほとんどです。

理屈が多いので、「ではどうしたらいい?」ということが分かりやすくまとめてある参考書は少ないのが現状です。

それよりは、文法問題集で答えを覚えながら、英語の考え方をそのまま身につけた方が、「何となく解いても正解」する力を身につけることができます。

英文法書はあくまで確認用

初心者の方はまず中学生向けの文法問題集を1冊。その後高校生向け(受験向け)を1冊。答えを暗記して、完璧にしましょう。

このときのポイントは、

・自分で解かないこと(変なクセがつきます)

・解説が分かりやすい問題集を選ぶ

この2点を意識して勉強を進めていきます。

問題集を覚えていて「どうにもここはよく分からない」というところだけ、英文法書で内容を確認しておけばOKです。

こうして時制、比較、人称代名詞など基礎的な内容を身につけて、最後に文法書を1度読んでみて下さい。理解度がぜんぜん違うと思います。

文法書から入ると確実に眠くなってやる気がなくなります。

でも、一度問題を解きながら、文法のパターンが分かってくると、「ああ、こういうことだったんだ!」という理屈が理解できるようになります。

文法書の難しさにうんざりしている方は、お試し下さい。

まとめ

最後にまとめです。

「結局何の話なのか?」というと、ともかく英会話のための実用英文法を覚えるなら、文法書を読むより、英文法の問題集で実際の用法や意味を覚えていきましょう、という話です。

文法とはルールです。英語がどのような仕組みで成り立つのか。意味を成すのか。それを理解するためのルールです。

理解するためには、実例を見ながら覚えていくのが効率的です。ということで、実例とは問題集にあり。「こう使われているのね!」と納得しつつ、英語の文法を覚えることができます。

理屈ではなく、特に感覚的に英語の文法を覚えたい方には特に向いている方法です。必要なところをしっかり覚えて英会話に役立てていきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

追記

ちなみに、あなたが本格的に今後、英語力を伸ばしていきたいのであれば、英文法を基礎から身につけていくことができるトレーニングを受けることができます。

60日間の短期集中で、英語が上達するための習慣+ネイティブのように英文法をイメージや感覚で理解できる力を身につけるコースになっています。

東京&関西に通える方限定ですが、本格的な英語力を身につけるための基礎力をガッチリ固めたい方には、特に価値が高い60日になります。詳しくはこちらをご覧ください。

若葉マーク 【60日間】中高6年分の英文法をマスターする初心者向けコース

あわせて読みたい

なぜ英文法の問題集は同じものを2冊買うのか?

「英文法を勉強しても英語を話せるようにならない」という話は本当?

英会話の初心者です。何から英語の勉強を始めればよいですか?

<<学習法一覧へ