ホーム > 私の英語体験談 > まずは英語を話すこと

英会話力は話してこそモノになる!


本をいじる女子

私の大学時代の知人に、TOEIC900点、TOEFL600点以上という強者がいました。

彼は、英語の原書をサクサク読みこなし、英語のレポートを書いても、「こいつはどれだけスゴイんだ!」というような英文をスラスラ書きます。

ところが、彼はぜんぜん英語を話せません(私が知る限り)。基本的なあいさつはできるのですが、ネイティブとの会話が続きません。

一方で、TOEIC・TOEFLともにごく普通の点数を取ってる人が、ネイティブとペラペラ話せる英会話力を持っていることがあります。

両者の違いを私なりに考えたところ、理由は英語を話した経験の差だと思います。

いくら勉強して、知識を身につけても、実際に英語を話す機会がなければ、英会話力は育たないでしょう。

自動車の運転のように、いくら道路交通法を学んでハンドル操作を本で勉強しても、上手く車を運転することはできません。英語を話すことも、それと同じだと思います。

私も、話せるようになった理由を考えると、「ネイティブとたくさん話したから」としか言えません。

私は職業柄(と言っても昔の職業ですが)、ネイティブ(スコットランドの方でした)と1日2時間〜3時間話す機会があったので、必然的に英語を話さざるをえませんでした。

(というより、私が職場の人と仲が良くなくて、「親しく話せるのはそのスコットランド人の人だけだった」というのが正直なところですが。)

仕事上、コミュニケーションを取る必要があったので、文法的に間違っていようが、ともかく英語を話す必要がありました。

もちろん、最初はたどたどしい内容です。緊張もするし、自分の考えを上手く伝えることができません。

ただ、話しなれてくると、自然と勉強したフレーズが口から出てくるようになります。そして気が付けば、スラスラと口から出てきます。

これは、もっぱら、英語を話すという実体験を積んだからだと思います。

極論を言えば、毎日ネイティブと英会話をしていたら、誰でも英語を話すことができるようになると思います。

このことから、英語を話せるようになるためには、

・基本的な英語学習(リーディング、英単語・文法の暗記)
・英語を話す実践

の2つが大切だと気付きました。

一番最初の、2人の知人の例に戻りますが、おそらく、TOEIC900点の知人の場合、きちんと英語を話す訓練や、海外留学(正規の大学)をすることで、英語ペラペラ、達人になる可能性があります。

なぜなら、彼の場合しっかりと勉強を積んでいるので、後は話す訓練をするだけで、それまでの積み重ねが一気に花開く可能性があるからです。

日本人の場合、実際に英語を話す訓練が少なく、文法やリーディングなど基礎学習が中心です。この点、外国語教育の現状は、話す機会があまりに少ないのが現実です。

「英語を勉強しているけど、話せない」という方は、ただ単に話す経験が少ないだけかもしれません。

英会話はある意味スポーツと同じ

実地学習がポイントなので、自分の環境にあわせ、英語を話す機会を増やすことで、新しい発見があるかもしれませんよ。

関連記事
英会話学習の基本パターン
アウトプットで形にしよう
スピーキングのためのテキスト音読法

<<私の英語体験談一覧へ

スポンサードリンク