初心者の方必見!これが英会話習得の基本パターン

シェアする

成功のポイント

英会話を習得、英語を自由自在に使えるようになりたい!

英語を話せるようになる上で、一番重要なのがリスニングとスピーキングです。これは、赤ちゃんが言葉を覚える過程をイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

もし、あなたにお子さんがいらっしゃるなら、その子がどのように言葉を覚えていったのかを思い出してみて下さい。赤ちゃんは、まず親や周りの人の言葉を聞いて、何かを話し始めます。

親の呼びかけで、名前やモノ、周りにあるものを理解していき、ボキャブラリーを増やしていきます。そして、成長するにつれて、絵本を見て字を学び、言語力を育てていきます。

小学校に入る頃には、文字を書くこと、読むことを学ぶトレーニング(国語の授業)を受け、より幅広く言葉を使えるようなります。

このプロセスをまとめると、人が言葉を身につけるためには、「聴く→話す→読む→書く」という4つの力を育むことが重要になります。

日本人独自の英語環境とは?

英語を学ぶ上でも、これら4つのステップが欠かせません。

ところが、私達日本人の語学教育には偏りがあります。そして、教育システムと環境という、2つの問題があります。

教育システムと学習環境のイメージ

私達日本人の大半は、中学・高校と学校で読む&書くのトレーニングはたくさん経験しています。

その一方、聴く&話すという重要なレッスンが欠けています。そのため、聴く&話すといった英会話力に自信を持てずにいます。

これはある意味、当然の話です。私達日本人は、英語を文字から学んでいます。中学生の頃から文法や読解を中心にした教育を受けています。

受験という制度がある以上仕方がないのかもしれませんが、これが原因で、英語のコミュニケーション経験が圧倒的に不足しています。

つまり、「聴く→話す」という決定的なプロセスが欠けているのです。

日本人が英語が話せないもう1つの原因

次に、日本独自の環境的な問題があります。今、日本では英語を話さなくても、十分に暮らすことができます。

あなたは今まで、街を歩いてネイティブに英語で話しかけられたことがあるでしょうか?あるとしたら、どのくらいの回数でしょうか?日常生活において、日本語と英語を話す割合はどれくらいでしょうか?

「ほとんどない」という方が大半だと思います。

米軍基地や外資系企業で働いていない限り、「英語が話せないと暮らせない!」という状況にはなりません。

このように、私達日本人の大半が、「英語を話さなくても生活できる環境」にあります。

学校で話す機会がなく、日常生活でも使う機会がない・・・。このような環境で、英会話がペラペラ出来るようになること自体不自然です。

そこで、私達日本人が英会話を習得するためには、日常生活において、英語を聴く&話すという意識的な努力と訓練をする時間を作る必要があるのです。

コミュニケーションのバランスを取り戻す

英語を習得する上で特に重要なのは、リスニングとスピーキングです。

まず言葉を耳で聞き取り理解し、そして、それを口に出すことによって、言葉が身についていきます。

英語も全く同じです。リスニングでセンテンスや単語を聞き取り、それを話してみる、この地道な作業が大切です。

英会話も同じで、コミュニケーションを成立させるためには、相手の話を正確に聞き取ること(ヒアリング)、そして、相手に自分の意見を伝えること(スピーキング)、2つの力が必要です。

私達日本人は、この「聴く→話す」という体験が不足していますので、英会話を上達させるためには、重点的にリスニングとスピーキングに取り組むための時間を作る必要があります。

健康的な生活のために食事の栄養バランスが大切なように、英語の学習もバランス感覚が大切です。

英会話習得に欠かせないバランス感覚とは?

英語を話せるようになるためにまず第一に大切なのはインプット。

この意味で、英単語や英文法をきちんと覚えていくことはとても大切なことです。しかし、それだけでは、英語を話せるようになりません。

逆に、スピーキングやリスニングの練習だけに偏っても、それはそれで英語力の幅を狭めてしまいます。

私達日本人の場合、英語の教育が「読む&書く」に偏っている傾向があるので、英会話力を育てるためには、「聴く&話す」を鍛え、バランスを取り戻す必要があります。

・毎朝の通勤電車でリスニング教材を聴く。

・1日5分、テキストを音読をする。

・スピーキング用英会話教材や英会話レッスンを受けて話す練習をする。

このような、ほんの小さなことでかまいません。1日15分でもそれを1年続ければ、必ず変化が起こります。耳が英語に慣れてきて、ヒアリングがラクになったり、音に慣れてきます。

そして、耳が英語の音に馴染んできたら、音読やシャドウイングのレッスンを始めます。

このようなトレーニングを続けることで、コミュニケーションのための、基本的な下地が身についていきます。上達のために、まずは必要なバランス感覚を育てていきましょう。

まとめ

以上、長くなってしまったのでここまでのまとめです。

私たち日本人が英語を話せるようになるためにはインプット→アウトプットという手順を経る必要があります。すなわち、まず英語の勉強して知識を身につけること。そしてそれを使うことです。

私達日本人の大半は、英文法や英語の読解については、ある程度トレーニングを受けています。

そのためあなたが「英語のテストは得意だが話すとなると・・・」とお悩みの場合、実用的な英会話を身につけるなら、リスニングとスピーキングを中心にしたアウトプットがメインになります。

一方、あなたが初歩の初歩から英語を話せるようになりたい場合。まずはインプットが重要です。

1・インプットで基本的な英単語や文法、言い回しを覚える

2・アウトプットで覚えたことを使いこなせるようにする

これが英会話習得の基本パターンになります。人は人であなたはあなた。今のあなたに必要なのはインプットかそれともアウトプットか、どちらでしょうか?

最後に

英語を話せるようになるにはパターンがあります。このページではそれを極めてシンプルに分かりやすい形にまとめてあなたにお伝えしました。

英語が苦手でゼロから英会話を習得したい方はインプット→アウトプット。初心者の方は特に、必要最低限の基本的な内容から英語を覚えていくことで、少しつづレベルアップしていくことができます。

では具体的に何をどのように勉強していけばいいのか?

当メディア『英会話ビギナーズWEB』では初心者の方向けに必要な情報を公開しています。英会話習得に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク 「英語を話せるようになりたい!」という初心者の方におすすめ

あわせて読みたい

英会話の初心者です。何から英語の勉強を始めればよいですか?

英語を不自由なく話すために必要な英語の基礎力とは?

日本人にとって一番の英語学習法を考える

<<学んだことを実銭しよう一覧へ