ホーム > 初級者のためのQ&A > 日常英会話のためにどのくらい英文法が必要ですか?

英語を話せるようになりたい。文法知識はどのくらい必要?


グラマーという文字

ポイントは中学英語の文法をマスターすること
英会話に挑戦、そこで気になるのが英文法。

文法はいわば言葉のルール。ルールを学んでこそ、言葉を使いこなすことができます。

では、英語を話せるようになるためには、どのくらい英文法を学ぶ必要があるのでしょうか?

「基本的なコミュニケーションができればOK」
「海外旅行で英語を話したい!」

など、日常英会話を楽しみたい方、英語を話すための最低限の知識を覚えたい方は、中学レベルの英文法がマスターできれば十分です。

日常会話で難しい英語は必要ありません。基本はあくまでシンプル。

動詞や助動詞の使い方を理解できれば、基本的な会話表現はマスターできます。

can、may、will、5W1Hなど、よく使う表現をパターン学習で覚えていけば、自分のしたいことを英語で表現することができます。

また、英語が苦手な方や初心者の方の場合、難しい文法にこだわるよりも、シンプルな表現を覚えていく方が簡単です。

この意味で、中学の英文法はかなり費用対効果が高い内容です。

スポンサードリンク


英会話のために英文法を学ぶときのコツ
「英語を話せるようになりたい、そのための最低限の英文法を覚えたい。」

英会話のために英文法を勉強するコツは、使う場面を意識すること

例えば、I have 〜. という文。

レストランでは、

I have a beer.
I have a coffee.

自己紹介するときは

I have a dog.
I have a daughter.

など、場面ごとに幅広く使うことができます。

中学英語の文法の場合、シンプルな表現が中心です。

学ぶことにムダがなく、初心者の方でも勉強しやすいのが中学で習う英文法。

1つ1つ覚えていけば、英会話に必要な表現を効率よく身につけることができます

「日常英会話を話せるようになりたい!」
という方は、まずは中学レベルの文法をおすすめします。

特に実用性の高いものは、覚えておきたい英会話例文集でまとめています。

参考にどうぞ。

若葉マーク「英会話のために英文法をやり直したい!」というときに参考にしたい教材

関連記事
どこから英語学習を始めればよいですか?
文法VSコミュニケーション

<<英語&英会話のよくある質問に戻る

スポンサードリンク