英会話の初心者です。どこから英語の学習を始めればよいですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

考える美女

「英語が苦手・・・」

「だけど、0から英会話を覚えたい!」

「簡単なものから、分かりやすくスタートしたい。」

という初心者の方のためのページです。

・英会話教材はどうすればいいの?

・どうやって英語を勉強していけばいいの?

・注意したいことは?

など、知っておくと便利な、基本的な情報をまとめました。良かったら参考にしてみてください。

はじめにこちらを

「英語を話せるようになりたい。」

「簡単な日常英会話でもいいから使えるようになりたい。」

「英語は苦手だから、一から勉強したい。」

そんなときに悩んでしまうのが、「何をすればいいのか?」ということ。

英語が苦手な方、初心者の方は、どこから英会話の勉強を始めてよいのか、なかなか分からないと思います。

そこでこのページでは、初心者の方がどうやって英会話に取り組めば効果的に勉強できるのか、知っておきたいポイントを分かりやすくまとめています。

英語を話せるようになりたい初心者の方は、参考にしてみてください。

(英会話ビギナーズWEBでは英語学習の準備や手順も掲載しています。このページとあわせて参考にどうぞ。)

英語の基礎体力をつける

初心者の方にとって、何より大切なのは英語の基礎を身につけること。基礎というのは土台のことです。

例えば、スポーツ。

サッカーや野球、テニス、どんなスポーツをやるにしろ、基礎体力が必要です。技術があっても、土台となる体力がなければ、よいプレーはできません。

これは、英会話学習も同じ。しっかりとした基礎があってこそ、着実に成長できるのです

英会話文を丸暗記するなど、小手先の学習法では、本当の英語力は身につきません。ある程度の理解力や、最低限の努力は必要です。

フレーズをひたすら丸暗記するなど、即効性が期待できるのも確かですが、長い目で見ると、すぐ効果が出る方法はすぐダメになります。

お手軽な方法では一時的に上手くいったとしても、本当の実力はつきません。

英語を話せるようになるには、ある程度英単語・文法の基礎的学習の積み重ねが大切です。

そして、ある程度の基本的な勉強を積めば、日常英会話ならすぐに話せるようになります。

基礎学習というのは、特に軽視されがちですが、1年~2年でみると、効果は抜群です。

英会話初心者の方は、ぜひ、基礎学習を積むことをおすすめします。

勉強の準備

では、その基礎を積むためにはどうすればいいのか?

そこで重要なのが、英会話の教材選びと勉強法。英会話を始めるにあたって、まずしておきたいのが、メインで使用する英会話教材の選定です。

失敗しないための目安としておすすめなのが、テキスト+英文法のペアで教材を選ぶということです。

【テキスト】

CD付きの分かりやすい英会話教材を選ぶ

・中学校の英語の教科書のように、英文+文法をセットで学べるものがおすすめ。

(テキストの選び方はこちらのページを参考にしてみて下さい。)

【英文法の問題集】

・必ず解説が分かりやすいものを選ぶ。

・テキストのレベルと合う問題集を選ぶ(必要なら、中学英語の問題集でもよい)。

同じ文法問題集を2冊買う

(英会話教材の選び方はこちらをご覧下さい。)

英会話教材で勉強するときの基本原則

教材が決まったら、あとは浮気をせずに、ひたすら1つの英会話教材をとことん使い倒しましょう

英会話の初心者の方の場合、あれこれ教材を浮気するより、1つの教材をとことん使った方が効果が出やすいです。

なので、基本は購入した英会話教材をとことん使い倒していくことが大切です。

教材を使って英会話に取り組むことで、徐々に英語に慣れていくことが大切です。

ポイント1:英語の覚え方を意識する

ここからはちょっとした学習のアドバイスです。

英会話を勉強する場合、英文のテキストを読んだり、音読したりすることになりますが、次のことを意識して練習すると、効果的に英語に取り組めます。

まずはさっとテキストの英文を読む前に、単語を調べ、意味を確認します。同時に、発音も確認しておきます。

このとき、ノートに単語を書き込まず、テキストの英文に単語の意味を直接書き込むことをおすすめします。こんな具合です。

例)

彼女は 持っている ペンを
She has a pen.

このときの注意点としては、分からない単語のみ、英文の上に意味を書き込みます。例えば、上記の英文で、「has」の意味だけ分からなかったとします。

このとき、

持っている
She has a pen.

というようにすれば、時間の節約になります。

全ての英文に意味を書き込む必要はありません。後は、このような感じで、テキストを進めていきます。

1ページごとに、分からなかった単語の意味を再確認し、英文とセットで意味を覚えていきましょう(例文で英単語を覚えるメリットはこちら)。

意味を確認したら、CDで英文の音を確認。その後、ゆっくりでよいので、2~3回英文を音読します。

このときのポイントは、大きな声で読むこと。上手い下手は関係ありません。

まずは読んで、自分のペースで、繰り返し音読しましょう。

ポイントは、CDで英語を聞き、それを真似て音読すること。これを繰り返していけば、少しずつ上達していきます。

ポイント2:文法を軽視しない

次は文法の確認です。勉強する文法問題は、リーディングで勉強した内容とリンクさせると、なお効果的です

一般的に、英文法というと、英会話に役に立たない印象がありますが、やはり、英語を母語としない私達日本人にとって、英語の文法を学ぶことは必要です。

文法というのはルールです。ルールを覚えることで、必ず英会話の上達に役に立つときがきます。

ではどうやって英文法を覚えていけばいいのか?

やることはシンプルです。基本的に、必要な文法だけを、問題集等を活用して、覚えていく方法がオススメです。

文法を勉強する場合は、難しいものを覚える必要はありません。英会話のために必要なのは、中学英語レベルの最低限の知識で十分です。

(英会話のために中学英語をやり直せる教材も販売されていますので、それで取り組むのも1つの方法です。)

参考書で、基本的な文法知識をストックし、適度に復習をして、勉強したことを覚えているか、理解しているかを確認していきます。

ポイント3・書く練習について

基本的な英文法を習得しつつ取り組みたいのがライティング。

といっても、英文を書く作業は最初は難しいもの。そこで、初心者の方の場合、まずは体で英語を覚えていきましょう。

英会話教材のテキストを活用し、必要な英文を暗記していきます。

具体的には、覚えたいフレーズ、口に出して言えるようになりたい英文を、紙に書く+口に出して暗記していきます。

そして、余裕があれば、その英文の主語や動詞、時制を変えて、自分で文を作っていきます。

書いて覚える練習をしていけば、それが記憶のなかに蓄積され、実際の英会話でも、「スッ」と口にしやすくなります。

なので、英会話の練習のために、英文を書く練習は、地味に効果があると思います。

ポイント4:重要なのは英語をたくさん聞くこと

英会話を習得する上で絶対に避けては通れないのが、英を聴くリスニングトレーニングです。

主に英会話教材に付属するCDを使って練習するのですが、基本的にリスニングは数稽古になります。

たくさん英語を聴けば聴くほど良いので、英会話教材を活用して、何度も何度も、リスニングの練習をするのが望ましいです。

そして、効果的にリスニング練習をするために、事前にテキストを予習し、英単語の意味の確認等、準備をしておきます。

内容を確認したら、次はCDテープを使ってリスニングします。何度も何度も同じトラックをリピート、分からないところは何度も確認して、聴きとれるよう練習します。

リスニングは慣れが大きい分野です。英語に慣れていない初心者のうちは、CDで英文を聴き取ろうとしても、「分け分かりません」状態になるかもしれません。

これは最初誰もがそうなので、気にする必要はありません。

2回、3回、4回と何回も聞いているうちに、しだいに耳が英語に慣れてきます

リスニングは、頭のよしあし以前に、「どれだけ英語を聞きなれているか」の方が大きいです。

ですから、ぜんぜん英語を聞き取れなくても、意味が分からなくても、ひたすら繰り返し聞きましょう。そのうち、ブレイクポイントがきます。

初心者の方の場合、まずはCDについていけるよう、ひたすらテキストを追いかけていきましょう。

大体の内容が分かるようになれば、耳が英語に慣れてきた証拠。

英会話教材を繰り返して聴いて、勉強の量を増やしていくことで、英語の音に慣れて、更に英語が聴きとれるようになります。

このページのまとめ

以上が、英会話の勉強に取り組む上で意識しておきたい流れ&ポイントになります。

基本的には、

・基礎を重視。

・英会話教材を初級用の分かりやすいもの+文法の勉強ができる教材の2つを用意。

・買った教材をやり込む。

この3つのポイントさえ押さえられていれば、問題はありません。

ある程度英語に取り組んでいくと、できること、したいことが増えていきます。

なので、初心者の段階では、あきらめず、コツコツできることをしていけば良いと思います。

最初は、上達を実感できるまで時間がかかるかもしれませんが、英語はやったもん勝ち。やればやるほど、時間とともに効果が実感できると思います。

大切なのは、第一歩を踏み出して、始めてみること。その一歩が、「英会話ができる自分」と出会う一歩になります。

「英語を話せるようになりたい!」

という初心者の方は、参考にしてみてください。

若葉マーク「英会話の勉強を始めたい」と思ったらチェックしておきたい人気教材

あわせて読みたい

日常英会話のためにどのくらい英文法が必要ですか?

日本人にとって一番の学習法は

<<英会話のよくある質問に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする