ホーム > リーディング学習法 > 英語のリーディングが苦手な方へ

「英文を読むのがどうもダメで・・・」という方へ


英語の本

英文読解が苦手。
そんなあなたの対処法はこちら。

1日30分、まずは慣れること
英語が苦手な方の場合、英文を見ること自体、慣れていない場合が多いように思います。

英語=難しいというイメージをお持ち方と思いますが、実際、読むことはほとんど「慣れ」のレベルです。

誰だって初心者の頃は、読むスピードが遅いものです。

英語の月刊誌(例えばジャパンタイムズなど)を読もうものなら、「分け分かりません」という状態を経験しているはずです。

ところが、1日30分でも毎日英文を読み続けていると、自然に英語を読むことに慣れてきます。

1ヶ月、2ヶ月経った頃、リーディングの速さも、覚えている単語の量も、少しずつレベルアップしています。

つまり、リーディングを伸ばしたいなら、毎日30分でもよいので、英語を読む習慣を持つことが大切です。5行程度の英文でかまいません。

英文を読むことが苦手な方は、ほんの少し、ほんの少しでよいので、まずは「読む習慣」を作りましょう。

スポンサードリンク


苦手意識は自分が作る
管理人は大学時代、塾で高校生に英語を教えていた経験があります。このとき、英語が苦手な生徒には1つ共通点がありました。

それは、英文を読むことに慣れていないということ。

文法ができるけど、長文は苦手という生徒、英語が全く苦手、という生徒まで、15人以上の高校生を見てきましたが、彼らは英語を読むということに対して、強い違和感を感じているようでした。

それでいろいろ彼らに質問をしてみると、相対的に英語の勉強時間が少なく、英語の学習は単語を覚えたり文法を暗記したりすることに終始しているようでした。

つまり、リーディングの学習ではなく、単語の暗記だけ勉強しているのです。当然、英文を読む時間はなく、長文をみるとイヤになるのも分かる気がします。

例えて言うなら、教本で車の運転方法を勉強するだけで、本物の車を運転していないようなもの。

リーディングも同じです。単語の暗記も大切ですが、長文を読むことは、ある程度慣れ(経験と言い換えてもよいでしょう)が大切です。

英語の長文を毎日読んでいれば、リーディング力は自然に慣れて伸びてきます

どんなに苦手でも、半年間1日30分以上英文を読む習慣をつけていれば、自然に読むスピード・理解力がアップしていきます。

全ての文章を100%理解する必要はありません。読んでいて、分からない単語があれば、どんどん辞書を引いて英単語を暗記すればよいのです。何も、自力で読み切る必要などありません。

リーディングは英単語の暗記+慣れること、「読んでればできるようになる」というくらいの意識で、毎日英文を読む習慣をつけましょう。

毎日続けることで、あなたの意識も変わってくると思います。完璧にできなくてもかまいません。まずは、出来る範囲で学習を続けていきましょう。

若葉マークTOEICも英検もこのリーディング対策で
1年でTOEIC900&英検1級を取得した達人の英文読解法を公開!日本人が苦手とする弱点を克服、速くかつ正確な英語の読み方とは。
詳細はこちら

関連情報
ボキャビルマラソンMUST
リーディングと英単語力

<<英語のリーディング学習法一覧へ

スポンサードリンク