英文を読むのが苦手な初心者が英文嫌いを克服する方法

これがおすすめ!

英会話初心者向のための英文読解トレーニングです。

英語の文章を読むのは慣れるまで大変なこと。そこでこのページでは、英文を読むのが苦手な初心者の方でも取り組みやすく効果ができるおすすめの方法をご紹介。

今すぐ簡単に実践できますので、英語をスラスラ読めるようになりたい方は、参考にしてみてください。

かんたんな長文でリーディングに慣れる

初心者の方におすすめしたい方法がこちら。

読みやすい英文を選び、イヤにならない程度に、少しずつ英単語を暗記していく方法です。

英文を読むのが苦手→得意にするために大切なのは、一にも二にも、慣れが重要です。逆に言えば、慣れさえすれば、英語を読むのは本当に楽になります。

方法

優しい英語の長文を毎日読みます。おすすめテキストは後述します。

勉強法の目的

この方法の目的は、英単語の暗記はもちろん、1つの英文を「読みきった!」という自信を付けるためのものです。人は、何か自分でやりきる経験を持つと、自信が生まれます。

最初の1歩を踏み出すと、2歩目はかんたんです。自信を持つことで、「リーディングができる!」という意識を育てることを一番の目的にしています。

こういう方におすすめ

特に、「英語が苦手」という方におすすめします。

どんなにかんたんな英文でも1つのテキストをやりきれば、実力がつき、英単語も覚えることができます。少しずつ、テキストのレベルをアップさせ、ゆっくり勉強していきます。

準備

自分の現在のレベルより、1段かんたんな教材を選びます。例えば、TOEIC500点くらいの人なら、TOEIC400~450くらいの簡単なものを選びます。

このとき、英単語と熟語の収録数は、少なくとも1,500語以上が望ましいです。ただし、かんたんすぎてやる気のでないものはやめましょう。

教材の選び方

選ぶ教材は、ともかく簡単かつ、英語の重要語彙が充実しているテキストが理想的です。

本屋さんで選ぶなら、まずは中学生用の英語参考書コーナーに足を運び、そこで長文がたくさん収録されているテキストを選ぶのがいいでしょう。

「自分は将来的にTOEICの受験を考えている。もっと効率的に結果を出したい」という方には、アルクが販売しているTOEIC対策講座「超入門」や「完全攻略500点」のテキストがおすすめ。

こちらは英語の文章が豊富なことに加え、TOEIC向けの簡単な英語を読むことができます。そして解説も詳しいので、独学でも安心。

英語の文章に慣れること+TOEIC対策を並行して行うことができます。

アルクのTOEIC対策通信講座まとめ。目標スコア別に解説

はじめよう

教材を入手した後の取り組み方です。

まずはこの手順で、テキストを読んでいきます。

①最後まで黙読する。分からない単語、文章があっても、気にせず最後まで黙読する。

②分からないところだけ、もう一度再読する。そしてすぐに日本語訳を見て、意味を確認する。単語の意味は英語の文章のところに日本語訳を書く。

③付属のCDをかけて発音やイントネーションを確認する。

④自分で音読する。

⑤黙読する。今度は早め早めに読むことを意識する。

自分のレベルよりも簡単な教材を読むので、思ったより早くできると思います。1ページ英文を読むのに、思ったより早く読めることに気付くかもしれません。

この場合、分からない英単語の確認をパッとするだけでかまいません。長文の内容を理解し、パラグラフごとの内容が理解できればOKです。

注意点など

最初にお伝えしたとおり、英語の文章を読む苦手意識は、慣れによって克服することができます。

だからこそ大切なのは、途中でやめないこと。すなわち、テキスト全部をやりきることです。

「1冊丸ごと勉強した」という体験は、必ずあなたの自信になります。自信があなたの実力を高めて、開花させていきます。

なので繰り返し書きますが、最後までやりきること。はじめたら、ともかくやりきることをおすすめします。

最後に

英語をスラスラ読めるようになる。

これは本当に「ローマは一日にして成らず」で慣れるまでは時間がかかります。しかし、毎日英語を読んでいると、あるとき、ブレイクスルーがやってきます。

今まで読めなかった英語がスラスラ読める。内容がスッキリ理解できる。そして、英語を読むのが苦手でなくなる。

成長を実感できる瞬間がやってきます。

そのときを迎えるために何より大切なのが慣れ。英語を読み、読むことに慣れることです。

この意味でリーディングは「習うより慣れろ」が、一番ぴったりな言葉かもしれません。このページでは、そのための方法をご紹介しました。

克服するためには時間がかかるかもしれませんが、英文嫌いを克服するために、おすすめの方法です。

ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

忘れてはいけない英語の返り読みのデメリット&矯正法

初心者が知っておきたい英語のリーディング上達の心得

英語力が伸びるテキストの選び方

<<英語のリーディング学習法一覧へ