コツは英語の基本例文を自分のモノにすること


ライティングは文章を書くことです。文章は、当たり前ですが、最初から上手くは書けません。例えば、日本語の小論文を想像して下さい。

文章を書いた経験がない場合、当然ですが、何を書いてよいか分からないと思います。

そこで、小論文の指導を受けて、書いて書いて、コツを身に付けていきます。こうしてある程度の経験を積むことで、ある程度の文章が書けるようになってきます。

このプロセスは、英語のライティングも同じです。が、いきなりゼロから文章を書こうとしても、何をどう書けばよいか分からず、やる気がでないと思います。

そこで、まずは和文英訳の英作文からライティングを始めます。

英作文の場合、基本となる単語・文法をストックし、例文を覚えていれば、パターンにあわせて英文を書けるようになります

スポンサードリンク


ライティングは例文から
ライティングは、まず「日本語→英語へ」という練習からスタートします。そして、書いた英文を脳にストックしていきます。

すると、そのうち英文の定型を自然に暗記することができます。ここで覚えた英文のストックが、後に大きな財産になります。

この和文英訳式ライティングは、

・よく使う英文を覚えることで、ライティングの幅が広がる
・文法的に正しい英語が書けるようになる
・復習にもなるので、より正しい知識が身に付く

など大きなメリットがあります。

ゼロから自分で書いていくよりも、ある程度パターン(英語の例文)を覚えた方が、後々のレベルアップ効果が違います。

自分で英文をゼロから書いた場合、その英文が正しいかどうか、分からなければ意味がありません。

きちんと英語のストックがあれば、その判断も自分でできます。まずは正しい型から覚えましょう。

和文英訳の方法
さて、勉強の方法ですが、目安としては、1日3個の和文英訳をおすすめします。

普段あなたが愛用する英文法の問題集でかまいません。特に、「大切だ」と思う例文を徹底的に書いて覚えていきます。

やり方は、

1・文法問題の英文の日本語訳を見る
2・日本語を英語にする
3・確認して正しい英文を2回書く

という方法がいいと思います。

文法問題には日本語訳が付いているので、これを英語に直すという作業を繰り返し行います。このとき、単語が分からなければ調べてもかまいません。

このように、ある程度英文を書いて覚えていくと、そのうち「こういう文はこう書けばよい」というパターンが見えてきます。

ここまで来たら、後は自分でテーマを決めて、毎日英語を書きます。初心者の方は、まず徹底して基本文を覚え、自分のものにしましょう。

若葉マーク「英文法をやり直したい!」というときに注目したい教材

関連情報
文法は最低限
1日5行の英語日記
例文や構文の暗記は英会話の役に立ちますか?

<<ライティング学習法のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク