和訳に頼りすぎない!英語で日本語を理解する注意点と解決策3つ

英単語の意味を辞書で調べています

「英語を話せるようになりたい!」

そこで大切なのが日々の継続的な学習。

中学校の英語の授業で教科書の英文を読み、単語を辞書で調べたように、初心者の方の場合、この方法はとても有効です。

コツコツ英単語や文法を覚えて、英文を正しく日本語に訳していくことは、とても大切なステップです。というのは、学習の初期段階では、どうしても英語を日本語のイメージで理解する必要があるからです。

そのため、英語を身につける初期の段階では、英文を丁寧に理解するため、日本語をフル活用して英語を理解するプロセスは必要かもしれません。

英語学習の初期段階は日本語が必須。ただし

とはいえ、英語を正しい日本語に翻訳していく。この段階では単調作業が多く初心者の段階では労力と忍耐が必要です。

わざわざ辞書で単語を調べ、発音記号を読んで、地道に地道に英文を訳していくので、「本当にこんな作業で英語ができるようになるの?」と思うのかもしれません。

ただ、こうした地道な作業をこなすうち、英会話に必要な単語や、基本的な文法能力が身に付き、何より英語に慣れてきます。すると、だんだんと英文を読むスピードも速くなってきます。

基礎を身につける必要がある初心者の段階だからこそ、一見地道な作業を、コツコツ続ける価値があります。少なくとも、高校3年の教科書レベルの英文は完璧にこなせるくらい、単語、文法、構文を身につけることは必要なプロセスです。

ただし、こうした方法を続けるのはあくまで「高校英語レベル」まで。それ以上和訳にこだわると、メリットよりもデメリットが大きくなるので注意が必要であるということ、このページではあなたにお伝えしていきます。

和訳にこだわることのマイナス面とは?

なぜ和訳にこだわり過ぎてはいけないのか?その理由は主に2つあります。1つは英語脳の育成。もう1つはTOEICなどの英語試験対策のためです。

和訳は英語を日本語に当てはめて理解すること。上達に必要なプロセス(過程)ですが、やがて手放す必要があります。

英語を勉強していく上で目指すべきは、英語を日本語なしでそのまま理解できる英語脳を身につけることです。

一般的に、ある程度英語をインプットしていけば、自然に英語を日本語に直さなくても理解できるようになります。

しかし、和訳にこだわりすぎると、英語→日本語というクセが抜けず、なかなか英語脳が身についていきません。

関連記事:英語の「返り読み」を矯正する3つのステップ

一番のデメリットはこれ!

また、和訳にこだわり、英語を日本語で理解しようとするクセがつくと問題になるのが、TOEICやTOEFLなどのテスト。

これらのテストは、リスニングや長文など、大量の英語を瞬時に処理、理解する必要が出てきます。日本語で英語を理解するクセができていると、全くといってよいほど対応できなくなります。

特に和訳のデメリットを強く実感する場面が長文読解問題を解く時です。

もしあなたが有名私大やセンター試験の英語問題を解いた経験があるならご存知かもしれませんが、試験では大量の英文が出てきます。

英語テストで大量の長文を処理する必要があるのはTOEICやTOEFLも同じ。大量の英文をいちいち丁寧に和訳していたら、時間切れアウトは確実です。

英文を熟読し、内容を深く理解するための読解スキルも大切ですが、今は大量の情報を扱える「対応力」です。英語を日本語に訳さずとも長文の内容をおおまかに把握し、和訳せず英文を読もうとする意識が大切です。

和訳を卒業するベストタイミングがこちら

英語を日本語なしで理解する、これは難しいことに思うかもしれません。

が、ある程度英語に慣れてくると不思議な経験をします。英語を読んでいると、わざわざ日本語に訳さなくても理解できるようになります。

文字通り、I am Sam. という英文を「私はサムです」ではなく、I am Sam.のまま内容が理解できるようになるのです。

英語の勉強を続けていると、日本語で理解しようとしなくても、英語を自然と英語脳が身についていくのですが、どうすれば英語脳が身につくのか?

「100%この方法が正解です!」という正しい答えはありません。ただ一つだけ言えるのは、「量をこなす」ことがその道に通じている、ということです。

・毎日英語をたくさん聞く

・毎日英文を読む

・毎日音読を続ける

このように、毎日英語に触れる時間を作っていきます。「量」をこなしていると、あるとき突如、変化が訪れます。すなわち、英語をいちいち日本語にしなくても、意味が分かるのです。

おすすめは多読多聴

このブレイクスルーを迎えるために特に意識したいのは、英文の多読&多聴です。

たくさん英語に触れて、しっかりと「熟読の期間」を経た後は、いろんな英文に触れ、徹底的に、大量に英文を読んでいくのです。

このとき、和訳にはあまりこだわらず、分からない英文、構文のみ訳します。それ以外はパッとどんどん読んでいきます。

こういうことを繰り返すうちに、だんだん英語をそのまま理解できるようになってきます。つまり数稽古をこなす、といった感じです。

そして、その英語を音読したり、CDを何度も再生して英文を聞いていると、「英語を和訳しなくても意味が何となく分かる」という段階に到達します。この段階に到達すれば、英語力はかなりアップしています。

英会話をするときも、TOEICなどの英語試験でも、以前よりも容易に、取り組むことができるようになります。

さらにもうひとつ情報を

近年注目されている第二言語習得の理論。

英語習得の科学的な研究の成果をもとに、効率に英語を習得できると注目されていますが、ここで英語を英語のまま理解するためのキーワードが登場します。それが、認知文法です。

難しい話はおいておいて、ポイントは普段の学習の方法によって英語をそのまま理解できるようになる、ということです。具体的には、英語を日本語に訳して理解するのではなく、頭のなかにイメージを思い浮かべて理解する方法です。

I have an apple.という英語を見たとき、「私はりんごを持っています」と日本語に変換しようとするのではなく、「自分がりんごをもっているイメージ」を頭に浮かべていきます。

これによって、英語をそのまま理解できる脳を作ることができるという点が、興味深い方法です。

関連情報:英語の頭はこれで作る!「認知文法」とは?

どうしても日本語に訳したいときは

英語力を伸ばしていく上で、いつかは「日本語で訳して理解する」という習慣から距離を置く必要があります。

とはいえ、今すぐ和訳から抜けられない場合もあるかもしれません。それに、英語学習の初期段階では、英語を日本語で理解する過程もムダではありません。そこでおすすめしたいのが、英語を頭から訳していく方法です。

例えば、I have a friend who lives in Yokohama.という英文があります。

この場合、丁寧な和訳は、「私には横浜に住んでいる友達がいます」というようになります。直読式の方法は次のようになります。

「私はいる(持っている)・・・友達が・・・住んでいる・・・横浜に」

イメージはつかめたでしょうか。これが英語の考え方です。日本語としてはだめですが、意味はつかめますよね。

英語の場合、まず「誰が、何が」などの主語が先頭にきて、次に動詞がきます。英語と日本語とは仕組みがぜんぜん違うので、あまり日本語にとらわれていると、そこから抜け出せなくなる可能性があります。

もちろん、最初は違和感があるかもしれませんがそのうち気にならなくなります。

この方法で和訳をすると、英文を読むスピードが上がり、英語のルールや考え方が理解できるようになります。和訳から抜けられない方はお試し下さい。

まとめ

ここまでのまとめです。英語学習の初期段階においては、英語を日本語で理解するというプロセスは必要かもしれません。

ただし、高校英語をクリアできるくらいの段階になったら、英語を日本語で理解するのではなく、英語をそのまま理解できるステップへ向かうことが大切です。

そのための方法として、

1・多読多聴する

2・認知文法を活用する

3・英語の読み方を工夫する(語順から理解する)

という方法をご紹介しました。

英語を日本語を使わず理解できるようになれば英会話はもちろん、TOEICなどの試験でも大いにその効果を実感することができます。「日本語を使わない」ということを、頭の片隅に入れておく価値があります。

最後に

英語を英語のまま理解する。

この能力は英会話、試験、あらゆる面で必要とされる能力になります。そして、この能力を身につけるためには、日々の学習が欠かせません。

ただし、最初の段階においては日本を使って英語を理解するというプロセスが必要になります。

英会話初心者の方は、このページでご紹介している、英語を語順のまま理解していく方法でインプット重視。英単語、文法を習得していくことが大切です。

必要な取り組みを継続することによって、必ず英語力は変化します。「英語を話せるようになりたい!」という初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク この英会話教材で英語を初歩の初歩から理解!

あわせて読みたい

90日で効果実感!話題の英語パーソナルトレーニングとは

英会話の初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

日本人にとって一番の学習法は

<<英語&英会話の学習法一覧へ