It’s complicated. – 英会話 1日1フレーズ【No.133】

「いろいろ事情があるんです」と説明する男

【シチュエーション】

映画『モンテ・クリスト伯』(2002年)のワンシーンより。

純朴なエドモン・ダンテスは、とある理由で警察に追われる身になり、親友のフェルナン・モンデーゴの家に逃げ込みます。

ところが、エドモン・ダンテスをハメた犯人は何とフェルナン・モンデーゴであることが判明。

動揺するエドモン・ダンテスが裏切った理由をフェルナン・モンデーゴ問いただすシーンより引用。

Fernand Mondego:I saw Napoleon give you that letter.

ナポレオンがお前に手紙を渡すのを見たぞ。

Edmond Dantes:It was you?

お前だったのか?

Fernand Mondego:Well, why did you keep it a secret from me? I thought you
were my friend.

なぜ俺に隠してた?友だちだと思ってたのに。

フェルナンドは親友エドモンドを密告したことを告白します。「罪人」のナポレオンと接触する行為は、政治的に非常にNGな行為です。

Edmond Dantes:I told you I gave Napoleon my word. He lied to me!

俺はナポレオンに約束したって言ったろ。奴は俺に嘘をついてた!

Fernand Mondego:I know, Edmond. I read the letter.

知ってる、エドモン。手紙読んだぜ。

Edmond Dantes:You read. Why are you doing this?

読んだのか。なぜこんなことを?

Fernand Mondego:Oh, it’s complicated.

まぁ、いろいろ複雑でね。

このフレーズに注目!

It’s complicated.

いろいろ複雑でね。

いろいろあって説明するのがかんたんじゃない、もしくは面倒。そういうときに使える英語がこちら。

映画では、なぜフェルナンドが親友のエドモンを裏切るような行為をしたのか。フェルナンドはIt’s complicated.と一言だけ。

ですが映画を観れば、フェルナンドのcomplicatedな理由が分かります。

このように、いろいろ説明はしたくない。あれこれ口を挟まれたくない。そういうときはシンプルにIt’s complicated.で。

映画『モンテ・クリスト伯』について

『巌窟王』という名で知られている有名な古典小説を映画化した傑作。

航海士であるエドモン・ダンテスが遭難した先でナポレオンに出会い、ナポレオンの政治活動に利用されることに。

当局から逮捕されたエドモン・ダンテスは二度と生きて帰れないイフ城に収監。そこからの逆転劇が最高にワクワクする映画です。

『モンテ・クリスト伯』についてはいろいろ映画されているようですが、個人的にはこの2002年の映画が最高。

復讐に生きたエドモン・ダンテスが最後に到達する境地はまさに、人として「めでたしめでたし」です。

このページの英語表現

keep it a secret = 秘密にしておく

このフレーズもどうぞ

Stop teasing me.

からかうのはやめて。

<<No.132へ英会話 1日1フレーズ【No.101~150】へNo.134へ>>

若葉マーク 初歩から英会話にチャレンジできる優しい教材まとめ