Get a clue. – 英会話 1日1フレーズ【No.134】

告白する男

【シチュエーション】

映画『耳をすませば』より。

雫の友人の優子を心ならずも傷つけた杉村が、雫から「あんた空気読めなさすぎ」と罵倒されるシーンより引用。

英訳は一部を除きオリジナルの通りのセリフを掲載しています。

Sugimura:Shizuku! Wait up! I need to talk to you about Yuko. And then all of a sudden she starts crying her head off. So, what did I say that was so terrible, huh?

月島!待てよ!原田のことなんだけど。原田のやつ、急に泣き出してさ、俺、何か変なこと言ったかな?

ここはオリジナルと比べて比較がしやすいセリフです。

Shizuku:Just think about it. Remember when Yuko said, “Date your friend?
How could you say that to me?”

杉村さ、夕子はあんたがどうして、そんなこと言うのって言ったんでしょ。

Sugimura:All I said was he’s a good guy. She should give him a chance.

あいつが良いやつだってことは言ったよ。あいつにチャンスをくれよ。

日本語のセリフと英語のセリフがだいぶ違います。

オリジナルは「うん。だから野球部の友達に頼まれたって」となっており、英語のセリフとは印象が変わります。

Shizuku:Get a clue! What Yuko was saying was that she didn’t want to hear that from you. You know what that means, don’t you?

違う!それって、杉村にはそんなこと、言われたくないってことよ。この意味、分かるでしょ。

Sugimura:I don’t speak girl code! Why don’t you spell it out for me?

分かんないよ!はっきり言ってくれよ。

Shizuku:I can’t believe you’re this dense! What it means is Yuko has a
crush on you.

もう、本当ににぶいわね!夕子はね、あんたのことが好きなのよ。

このフレーズに注目!

Get a clue.

空気読んでよ。(鈍いやつだな)

それくらい分かってくれ、空気読んでよ、そんなニュアンスの英語。

映画では夕子が杉村のことを好きなのに、杉村はそのことが分からなくて、夕子に対して非常にデリカシーがない行動をしてしまいます。

それを雫は「鈍いやつ!」と非難。英語のセリフでは、Get a clue.となっています。

このような感じで、どうにも空気が読めない人。物事が理解できていなさそうな人と相対したとき。

日本人的には「あなたは鈍いですね」とハッキリ言うのはなかなか角が立つもの。そういうとき、Get a clue.が使いやすいです。

空気を読みすぎても疲れますが、読まなさすぎもNG。適度に空気は読んで上手くコミュニケーションしたいです。

耳をすませば(Whisper of the Heart)について

1995年公開のジブリアニメ。

読書好きな月島雫が天沢聖司という同級生の青年と出会い、自分の将来を真剣に考えていくというのが主な話。

雫の自立に向かう不安と人間的成長が水々しい青春アニメです。

このページでは、オリジナルのセリフと英語のセリフを引用していますが、それぞれを比較することで、日本語と英語。その違いを実感できて面白いです。

興味が湧いた方は、ジブリアニメを観る時に字幕を英語に変更。そうすれば、日本語と英語の違いが実感できます。

もしジブリのアニメを観ることがあればぜひ、英語の字幕をチェックしてみてください。

このページの英語表現

You know what that means. = この意味分かるでしょ。

dense = 頭の悪い

このフレーズもどうぞ

How would you like to ~ ?

~するのはどう?

<<No.133へ英会話 1日1フレーズ【No.101~150】へNo.135へ>>

若葉マーク 初歩から英会話にチャレンジできる優しい教材まとめ