Who cares? – 英会話 1日1フレーズ【No.149】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの頃ペニー・レインと (字幕版)

【シチュエーション】

16歳でローリングストーンの記者になったキャメロン・クロウの自伝的映画『あの頃ペニー・レインと』(Almost Famous)より。

ウィリアムがローリングストーン誌から仕事の依頼が。ウィリアムはレスターに相談する場面で。

レスターはジャーナリストとしての心構えをウィリアムに伝えるシーン。

Lester:Look. Do the story. Who cares, you know ? It’ll be good for you.

なぁ。引き受けるんだ。誰が気にするものか。お前のためになる。

Lester:But Remember this: Don’t do it to make friends with people … who
are trying to use you … to further the big business desire … to glorify
worthless rock stars like Stillwater.

だがこれだけは覚えておけ。お前を利用しようとするやつとは友だちになるな。欲望丸出しで、ダメバンド(Stillwaterのこと)をヨイショするような悪徳商人とはな。

Lester:Don’t let those swill merchants rewrite you.

お前の記事をあの連中に書き直しさせるな。

William:”Swill merchants.” That’s good.

悪徳商人?いいね。

Lester:Yeah, swill merchants.

そうだ。悪徳商人だ。

このフレーズに注目!

Who cares?

誰が気にする?

くだけた英語表現です。

Who cares? = 誰が気にするの?→どうでもいいじゃん、というニュアンスで、「細かいことは気にするなよ」と思ったときに使います。

このページの英語表現

swill = 生ゴミ、腐ったもの

このフレーズもどうぞ

I’m just wondering.

ちょっと気になったんだけど。

<<No.148へ英会話 1日1フレーズ【No.101~150】へNo.150へ>>

初歩から英会話にチャレンジできる優しい教材まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする