I remember you. – 英会話 1日1フレーズ【No.150】

威厳のある男

【シチュエーション】

映画『ゴッドファーザー3』(The Godfather Part III)より。慈善パーティで女がビンセントに話しかけるシーンより引用。

Mary:Hi Vincent. I remember you.

ビンセント、久しぶり。

Vincent:You remember me? From where?

僕のことを?どこで?

Mary:From the last time we had a party together.

パーティーで会ったわ。

Vincent:Did you come down to the club?

クラブの?

Mary:No, it was a wedding.

結婚式よ。

このフレーズに注目!

I remember you.

あなたのこと、覚えてるわ。

君のこと覚えてるよ、という英語。

場合によっては「君のことを思ってる」というニュアンスにもなるので、空気を読んで使いたいところ。

ちなみに、willをつけて I’ll remember you.にすると、「あなたのことを忘れないよ」という、さらにお熱い英語になります。

映画『ゴッドファーザー』シリーズについて

人生には「これだけは観ておけ」という素晴らしい映画があります。『ゴッドファーザー』シリーズもまさにそれ。

若い頃はあまりその良さ。魅力が伝わりにくいかもしれませんが、年を取って大人になり、様々な経験を積み重ねるうち。

ジワリジワリと、その魅力。良さが伝わってくる映画です。

1ではドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)の大人の男の威厳と魅力。リーダーとしての決断力。

2と3では、マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)やドン・ヴィトー・コルレオーネ(ロバート・デ・ニーロ)の生き様。

これはただのマフィア映画にはあらず。そこには人の生きざま。愛。男の信念。様々なテーマが織り込まれている壮大な物語です。

このページの英語表現

cousin = いとこ

relative = 親類

このフレーズもどうぞ

Keep the change.

釣りはとっとけ。

<<No.149へ英会話 1日1フレーズ【No.101~150】へNo.151へ>>

若葉マーク 初歩から英会話にチャレンジできる優しい教材まとめ