Don’t become a know-it-all. – 英会話 1日1フレーズ【No.204】

私は素直に勉強します

「知ったかぶりさん」

勉強家のYoshiが先輩のkatsumiに声をかけています。Yoshiは仕入れ立ての知識を自慢したくて仕方がないようです。

Yoshi:You know what?

ちょっと聞いてください。

Katsumi:What?

どうしたの。

Yoshi:I’ve heard that you are interested in traditional Japanese musical instruments. I’m an expert in that. If you have any questions, don’t hesitate to ask me.

あなたが日本の伝統楽器に興味があるって聞きました。俺、その件については詳しいんですよ。知りたいことがあれば何でも聞いてくださいね。

Katsumi:Okay. I have a question. When was the koto first introduced to Japan?

分かったわ。なら1つ質問。琴が日本に伝来したのはいつ?

Yoshi:It was in the 14th century.

14世紀頃ですね。

Katsumi:Wrong. It was first introduced to Japan from China in the 7th and 8th century.

ぶ~。琴は7世紀から8世紀頃、中国から伝来したのよ。

Yoshi:Are you sure?

本当ですか?

Katsumi:I’m positive. You still have much to learn. Don’t become a know-it-all.

確かよ。まだまだ学ぶことはたくさんあるよ。知ったかぶりさんにはなってはいけないわよ。

このフレーズに注目!

Don’t become a know-it-all.

知ったかぶりしなさんなよ。

「私は何でも知ってますよ」「分かってますよ」的な人のことを英語ではknow-it-allと表現します。

日本語でいうところの「知ったかぶりな人」のことで、万が一You are a know-it-all.と言われてしまったら、口を閉じるときかもしれません。

沈黙は金なり。ペラペラしゃべり過ぎないための教訓として、覚えておきたい表現です。

このページの英語表現

I’ve heard that ~=~と聞いた

don’t hesitate to ~ = 遠慮なく~してください

I’m positive.=確かだ

若葉マーク 初心者が無理なく英会話のキホンを学べるおすすめ教材

あわせて読みたい

覚えておけば役に立つ英語の決まり文句厳選まとめ

英語を話せるようになるためのテキスト音読法

英語が苦手な社会人が英会話を身につけるコツ

<<No.203へ英会話 1日1フレーズ【No.201~250】へNo.205へ>>