Could you be more specific? – 英会話 1日1フレーズ【No.263】

腹を探り合う男たち

「もっと具体的にお願いします」

セールスパーソンのTakashiがフレネミーのKiyohikoと会話をしています。2人は一見仲が良さげですが、実はいろいろ、難しそうです。

Takashi:I’ve been very busy for the past 3 weeks.

ここ3週間は忙しかったな。

Kiyohiko:I feel the same way.

そうだな。

Takashi:I did the best I could in the time that I had.

俺はガチで頑張ったよ。

Kiyohiko:Are you sure? You still have lots more to work on.

そうかい。君はまだまだだと思うがね。

Takashi:I don’t understand. Could you be more specific?

どういうこと?具体的に言ってくれ。

このフレーズに注目!

Could you be more specific?

もっと具体的にお願いします。

specific=明確な、具体的な。「この説明は漠然としていてわからないな」というときや、「詳細を教えて下さい」というシチュエーションで使えるフレーズです。

中身がない議論をする人への嫌味としても活用することができます。

このページの英語表現

I feel the same way.=私も同じように感じています。→そうですね。

You still have lots more to work on.=君はまだまだ改善すべき点がたくさんあります。→君はまだまだです。

ついでに覚えたい関連フレーズ3選

Could you be more specific?と一緒に覚えると英語力の幅がアップするおすすめフレーズがこちらです。不必要にマウントを取られないための一言を、ストックしておきましょう。

I don’t think so.=私はそう思いませんが。

I need more information on this.=もっと情報をお願いします。

What’s your grounds for saying so?=何を根拠にそのようなことをおっしゃっているのですか?

若葉マーク 英語を優しく話せるようになる!初心者向けの英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

英語で結果を出す人だけが知っている「環境」の効果

英語には「攻め」と「守り」の勉強法がある話

<<No.262へ英会話 1日1フレーズ【No.251~300】へNo.264へ>>