Not a chance. – 英会話 1日1フレーズ【No.62】

確固たる意思を持つ女性

「ダメです(=見込みなしです)」

Masaoが何かをしていますが、困った様子です。Masaoは妹のMariに助けを求めますが・・・。

Masao:Will you help me ?

手伝ってくれる?

Mari:What ? I can’t hear you.

何?聞こえない。

Masao:Will you help me, please?

手伝ってくれ、頼むよ。

Mari:Not a chance.

ダメ。

Masao:Please!

頼むよ!

Mari:I’m busy now.

今忙しいの。

このフレーズに注目!

Not a chance.

①あり得ないな。

②見込みはないね。

chanceは「機会・可能性」という意味です。

not a = 「1つも~ない」という否定の表現なので、常用はしない方がいいかもしれません。

ときどき、白黒つけたいときやハッキリと断りたいとき、例えば「脈なし」感を出したいとき、使いやすいフレーズです。

ただ、場合によっては角が立つこともあるので、頻繁に使うのは大人的にマイナスになるかもしれません。

このページの英語表現

Will you ~ ? = ~してくれる?

problem = 問題

「断り」のときのおすすめフレーズ

I’d love to, but I can’t. = そうしたいのですが。

→非常に丁寧な印象を与えられるフレーズ。No.を伝えるだけならもっとストレートな表現はありますが、それでは角が立ちます。

そこで英語でも、「ほんとうはしたいんだけどできないんです」というような、相手の気持ちに配慮できる物言いが重要です。

若葉マーク 日常英会話が優しく身につくおすすめ教材

このフレーズもあわせてどうぞ

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

No go.

英語のスピーキングが上達する3つのポイント

<<No.61へ英会話 1日1フレーズ【No.51~100】へNo.63へ>>