It’s up to you. – 英会話 1日1フレーズ【No.84】

君の瞳の美しさを祝って。

「あなた次第です」

Takaが以前から想いを募らせていたMikaに、勇気を出して夕食に誘っています。

Taka:Do you have any plans for this evening?

今晩予定ある?

Mika:Nothing special.

特には。

Taka:Let’s go and have dinner.

ぼくと夕食に行かない?

Mika:Let me see. Sure, why not?

うーん、どうしよう。いいよ。

Taka:Good. I’ll get it. What time shall we meet?

よし。ぼくがおごるよ。何時に会おうか。

Mika:It’s up to you.

任せるわ。

Taka:You’ve got it. I’ll call you later.

了解。後で電話するよ。

このフレーズに注目!

It’s up to you.

①君次第だ。

②(どうでもいいから)好きにして。

何かを決めるときに使う英語です。

「(○○か△△か)選ぶのは君次第だよ」という感じで使います。

相手に決定権を委ねて良い話なら、 It’s up to you.で相手にお任せするの一つです。

使用するシチュエーションや言い方によっては「どうでもいい」「乗り気でない」というニュアンスを与えますので注意が必要です。

以上のことを踏まえると、Mikaが脈ありかどうか。あなたなら、どう考えますか?

このページの英語表現

Do you have any plans for ~?= ~の予定は?

Nothing special. = 別に。

I’ll call you later. = 後で電話します

ついでに覚えたい関連フレーズ

It’s up to you.とついでに覚えておくと便利なフレーズがこちらです。

I will leave it up to you. = あなたにお任せします。

お任せするにしろ、こちらの方が表現としてなげやり感や放置感がないので、汎用性は高いと言えます。

状況や相手との関係に合わせ、使い分けてみましょう。

若葉マーク 優しく日常英会話を覚えたい方向けの教材

あわせて読みたい

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

Be my guest.

英語で結果を出す人だけが知っている「環境」の効果

<<No.83へ英会話 1日1フレーズ【No.51~100】へNo.85へ>>