『感動する英語』のレビュー

感動する英語!

基本情報

タイトル:感動する英語!

著者:近江 誠

ページ数:160P

発売日:2003年12月4日

本の説明

キング牧師やチャップリンの名スピーチを収録。

「感動を伝える」「説得する」「愛を告白する」「弁護する」など、人生で出会う9つの場面ごとに、偉人のスピーチがまとめられています。

この本について

大学時代、「何かおもしろい英語の長文がないかなあ」と探していたころ、家族から紹介されて出会った1冊です。

チャップリンやキング牧師、ヘレンケラーなどの名スピーチが収録されており、英語の勉強以上に心に残る1冊になりました。

この本の特徴は、偉人達の名スピーチを、人生で起こる場面にあわせて使いこなせるところです。例えば、キング牧師の有名なスピーチ。

キング牧師の思いを感じ、朗読した後は、「就職試験で夢を語る」など、私達が人生で経験する場面にあわせた英文が紹介されています。

他にも、アメリカの某大統領の浮気が発覚したことを題材にした「浮気が発覚した男性が妻に謝る」というスピーチを、「顧客クレームに対応する」という場面に置き換えた英文が紹介されています。

シチュエーション+名文で英語を学びます

目次の写真

このように、偉人のスピーチを学びつつ、それを応用した「使える英語」にできることが、感動する英語の特徴です。

感動する英語の本文写真

英語を学ぶこと以上に大切なこと

とまぁ、メリットを書いてみたものの、やはり何より素晴らしいのは、「英語は人に何かを伝えるもの」だということが、ハートに響いてくること。

付属のCDを聴いて見て下さい。チャップリンの独裁者が、そのまま収録されています。

三重苦を克服したヘレンケラーのストーリーを聴いて下さい。英語学習以上の、何か大きな感動を感じることができるでしょう。

ちなみに、この本の続編である『挑戦する英語!』で紹介されているサミュエル・ウルマンのYouth(外部リンク)は暗唱にオススメ。

本の購入はこちら

感動する英語!

注目

「英語をサクサク読めるようになりたい」と思ったら注目したい英会話教材まとめ