『八十四歳。英語、イギリス、一人旅』のレビュー

基本情報

タイトル:八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅

著者:清川 妙

ページ数:207P

出版社:小学館

発売日:2006年3月

本の説明

53歳から英会話スクールに通い始め、65歳でイギリス一人旅を経験した著者の体験談。英語はいつでも始められ、努力にムダはないと勇気付けられる一冊。

主な感想

書店めぐりをしていて出会った1冊です。

『八十四歳~』というタイトルに引かれ、購入。早速読んでみました。内容は、著者の英語&イギリス旅行体験談が中心のエッセイです。

この本を読んで驚いたのは著者の行動力。なんと、53歳から英語を始めて、65歳で一人でイギリスに旅をするというもの。バイタリティと行動力のすごさに驚きます。

本の最初には、著者が英語を学び始めたきっかけがかかれています。

1・53歳で自宅近くの英語塾でグループレッスンに参加

2・55歳でベルリッツのマンツーマンレッスンを受講

3・58歳で英検2級取得する

「~したい!」と思ってすぐ行動に移す行動力と、何年も学習を続ける意思の強さ。本当にすごいと思います。

この本を読むと、「人はいつからでも、英語を始めることができる。そして、話せるようになる」という勇気がもらえます。

本当に、「~したい」という思いには根拠があって、年齢関係なく、行動をすることで、その人の能力が開花するのだなぁと感動。

何かを始めるのに、遅すぎることはない!

まさにそのとおりだと思いました。

本の購入はこちら

八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅

あわせて読みたい

マンツーマンレッスンとは

グループレッスンとは