発音だけじゃない!?ネイティブから英語を習う本当の意味

話し合う男たち

先日、英語ジムでパーソナルトレーニングを体験。

「日本人の先生だったけど、トレーナーの英語レッスンはこんなに凄かったよ」

ということを英会話スクールで英語を教えているイギリス人の先生に話してみました。

すると彼はこんなことを言っていました。

「確かに、日本のバイリンガル講師から英語を学ぶメリットはたくさんある。しかし、彼らが決して教えられないことが一つある。それは、英語の文化だ」

「英語を学ぶということは、英語の言葉だけでなく、その背景にあるものを学ぶということだ。僕らネイティブから英語を教わることで、英語の文化、背景も学べる。ここだけは絶対に違う

そのときは「そんなもんか」と深く考えず相づちを打っていましたが、いろいろ考えたのでこの記事で書いてみたいと思います。

日本人講師が教えられないもの

イギリス人講師の彼が言う通り、確かに英語を学ぶことは、ただ単に言葉を覚えることではありません。

英語という言葉の後ろ側にある、文化的なものを学ぶことでもあります。

だから、ネイティブから英語を学ぶことによって、自然と日本語と英語の違いとか、考え方の違いとか、様々な違いに気づくことができます。

彼は「そこに意味がある」ということを言っていました。

もちろん、日本人のバイリンガルに英語を習うか、それともネイティブの先生に習うかは、どちらが絶対に良いという問題ではありません。

それぞれ良い面・悪い面があるので、ケースバイケースですが、確かにネイティブから英語を学ぶ、それによって間接的に得られる何かがあるもの確かです。

それは難しく考えなくても、あなたがネイティブの英会話講師のレッスンを受ければ、すぐに感覚的に実感できます。

ネイティブ講師にとって英語=飯の種、という事情を差し引いても、彼の言ってることに間違いはありません。

日本人の先生がどうしても教えられない「何か」があるのもまた確かです。

日本人講師かネイティブか

ただ、全くの初心者の方がいきなりネイティブ講師に英語を教わろうとしても、そこには無理が生じます。

なので結局はケースバイケース。

ある程度英語が話せるならネイティブ、英語が話せなくてステップ・バイ・ステップで頑張っていくなら日本人講師と、使い分けていけばいいと思います。

英語を学び始め、日常的な英会話ができるようになる。そしてもっといろんなことを知りたい、話せるようになりたいと思うようになった。

そこへ来たら、ネイティブ講師の出番。

英会話をしていくことで、ネイティブの考え方、価値観が日本人のそれとは違ったものを背景にしていることが理解できます。

これが異文化理解であり、英語を学ぶ楽しさです。

最後に

英語を学ぶことは、ただ単に言葉を学ぶことではなく、英語圏の文化や価値観、あらゆる背景的なものを学ぶこと。

そう考えると、英語を頑張るというのは結構奥が深いことなのかもしれないと、改めて思います。

以上、発音以外、ネイティブから英語を学ぶメリットについてでした。

若葉マーク 今年こそ英語!初級英会話を優しく学べる教材

あわせて読みたい

日本人講師 VS ネイティブ講師