日本人が英語が話せない一番の原因はこれ。この問題を解決すれば、日本人も英語が話せるようになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


英語教師と生徒

こちらのコラムの続きです。

「日本人は中学高校、そして大学受験でたくさん英語を勉強しているのに、英語がなかなか話せるようにならない。ということは日本の英語教育はダメである」

そんな批判がありますが、実際はどうなのか?

個人的にも日本の英語教育について関心を持っていろいろ調べてきました。

そんなおり、Englsih Companyの英語ジムのレッスンに参加。そこでトレーナーの先生が日本人の英語習得の問題について、次のようなことを言っていました。

「日本人は中高での英語教育や大学受験の勉強によって比較的インプットできているものの、知識に偏りすぎていて、アウトプットする時間が圧倒的に不足している。
「だから、きちんと中学高校、そして大学受験で英語を勉強した人ほど、今英語が話せなかったとしても、実用的なトレーニングを受けることで、劇的に英語が使えるようになる!」

English Companyは受講生の中からTOEIC200点300点アップが当たり前のように出るくらい効果を実感できる人気の英語ジムで、実際に受講生が結果を出している分、非常に説得力のある話でした。
中身がなければ何も取り出せない
インプット(語彙力や英文法の知識、読解力など)をしっかりできていれば、アウトプット(英語を話す、使う)していけばできるようになる。

簡単にまとめるとこういう話になりますが、確かにこの考え方は、自分的にも納得できます。

実際私もネイティブと気兼ねなく英語で会話ができるようになったのは大学卒業後で、職場でいつもネイティブのイギリス人の方と話していたのがきっかけ(席が隣で年齢も近く気が合いました)です。

学生時代は英語を勉強していたものの、いざ話すとなると、なかなか思うように英語が口から出てきません。でも、毎日英語で会話をしていたら、自然と口から英語が出てくる。

しかもその英語は、昔自分が勉強して暗記したりしていた英語で、地道に英語を覚えていくこと、自分で勉強していたことがムダになっていないことを実感できる。

なので、英語ができるようになるというプロセスはまさに、

英語をインプットする(勉強して覚える)→アウトプットする(実際に使う練習をする)→使えるようになる

こんなイメージなのだと思います。

朗報なのは「英語の勉強にムダなし」ということ
英語ができるようになる。そのためにはどうしても基礎が必要で、いかに英語を勉強してたくさん英単語や英文法を覚えてきたか。英文を読んできたか。リスニングCDを聞いてきたか。

そういうことが地味に意味を成してきます。

英語をアウトプットするための前提条件として、インプットは必要不可欠。

中身が何もないのに、そこから何かを取り出すことは不可能です。

だから結局英語を話せるようになる、使えるようになるということは、当たり前ですが、まず英語を勉強することから始まります。

まず普段から英単語を覚えて語彙力を伸ばしたり、英文法で英語の仕組みを理解したり、英文を読んで英語を頭の中に馴染ませたり、そんな地味な努力が必要不可欠。

ただ不幸にも日本の英語教育ではどうしてもインプット優先になっているため、英語をアウトプットする時間が足りない。だから皆、英語が話せるようになれず、英語力に自信を持つことができない。

そういう問題があるのかもしれません。

となると、私たち日本人が英語を使えるようになるために大切なのは、いかに英語をアウトプットして使えるようになるためのトレーニングができるか、その機会を作ること。

それが一番の課題でしょうか。

英語を話せるようになるために
英語は「覚える」と「使う」がセット。

そこで、普段は英会話教材等で独学で英語を勉強しつつ、勉強した英語を使う場所、正確には使って覚えるための場所、機会が必要です。

英会話スクールでネイティブと話したり、英語ジムでトレーニングしたり、そのための方法はいろいろありますが、大切なのは覚えた英語を使うこと。

それができる場所を見つけて、適切に英語を訓練できれば、「もう英語が話せない・・・」と悩むことはないかもしれません。

実際、ネイティブと日常英会話ができるくらいになると、英語を勉強するのがますます楽しくなってきます。

ネイティブは日本人とは明らかに考え方、発想が違いますし、英語を通じて会話をすることで、自然と海外の文化、価値観を学ぶことができます。

個人的にはこういうところが英語の面白さだと思っているので、だからこそ英語をずっと続けられているのだと思います。

大切なのは英語を勉強しただけで済ませないこと。

お金をかける方法でもお金をかけない方法でも、覚えた英語をアウトプットしていく機会を作る。

長らく英語を学んできた日本人だからこそ、それができればきっと、もっと英語に自信を持てるに違いありません。

若葉マーク今年こそ英語!初級英会話を優しく学べる教材

関連記事
英語ジムとは
English Companyの詳細と特徴
英語は結局、コツコツが最強。続ければ続けるだけ意味がある

<<2017年のコラムへ
<<English 一息コラムへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする